« スプリンター・2014年モデル | トップページ | オートレース32期生デビュー! »

2013年7月 4日 (木)

打倒!XR750

3686
36873688一昔前に起ったストリートカスタムブームによって、日本でも一カテゴリーとして認識される様になった“トラッカー”ですが、モチーフとなった実際のフラットトラック競技については、マニアックな存在…。

本場アメリカでは、ロードレース以上に人気の競技な訳ですが、信じがたい事に旧態然としたハーレー・XR750が未だに標準機!?古くはヤマハの2スト4気筒レーサーなど、ハイパワーマシンが戦いを挑んできましたが、ローパワーながらコントロール性に優れるXR750勢の牙城を崩せない…というのがAMAフラットトラックの歴史!?

そんな感じで、“打倒XR750”を掲げ、AMAフラットトラック・ツインクラスにエンジンを供給しているのが、画像のカワサキ!3689性能よりコストパフォーマンスを“ウリ”にしてるNinja650やER6nに搭載されるタイカワサキ生産の水冷並列ツインが採用されているあたり、パワー勝負ではないフラットトラック競技らしいチョイスかも知れません(他に無いだけ?)。又、カワサキ勢のトップチーム・USCレーシングでは、昨年までオリジナルのNinja650やER6nと同様、リアサスをホリゾンタル配置としていた模様(上画像参照)。

という訳で、ER/EXシリーズを基軸に、上モノやシートレール,足回りを交換した派生モデル・ヴェルシスの様に、“トラッカー”モデルがラインナップされたら面白そう!当然、一般ウケしない“不人気臭”が漂います…。

|

« スプリンター・2014年モデル | トップページ | オートレース32期生デビュー! »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スプリンター・2014年モデル | トップページ | オートレース32期生デビュー! »