« ソノート | トップページ | 回想中・2 »

2013年5月24日 (金)

デザインの“キモ”はシリンダーヘッド

35493552前回、マッハの試作車“エグレとらんタンク”について紹介(5/22分参照)しましたが、今回は、DX250/RX350の試作車!やっぱり、“不完全な魅力”で一杯です。

まず左画像や右画像上は、全体のイメージが決定し、製作されたと思われるクレイモデル。この段階で、グラフィックは異なりますが、タンク,サイドカバー,フェンダー等の形状がほぼ製品版に近い。しかしながら、エンジンについては、シリンダーヘッドが異なるだけなのですが、随分 旧態然としたイメージがしないでもない…。製品版が、量産車初のブラックエンジンを採用し、シリンダーヘッドを余計に強調したデザインとなっている所為もありますが、3553NEWデザインの“キモ”はシリンダーヘッドの様な気もします。

そして右画像下は、北米ディーラーミーティングで公開された発売直前までラインナップを予定していた「SS」。“ビッグベアー”の愛称で親しまれ、旧型R1/R3時代に北米で好評だったスクランブラー仕様なのですが、発売中止も納得のバランス悪!指でタンクを隠すと結構カッコよかったりするので、ちょっぴり残念です。

という訳で、所有車について、試作車など生い立ちを勉強すると、愛着が深まり、実に有意義!萎える事(コストダウンや機能のオミット)も稀にありますが、彼女の事って全部知りたくないかい?

|

« ソノート | トップページ | 回想中・2 »

DX250」カテゴリの記事

コメント

持ってないけれど、GT380のラムエアヘッドはどんな紆余曲折を経てああなったのか気になります。

投稿: 通りすがりの三十路ライダー | 2013年5月25日 (土) 18時17分

三十路ライダーさんお疲れ様です!
サンパチって、T250/GT250の250ツインに一気筒足して
371㏄にした話は有名ですが
あまりプロトタイプとか話題になっていませんね?

とりあえず旧い雑誌でも読み返して出直してきます(礼)

投稿: アルフレッド | 2013年5月27日 (月) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソノート | トップページ | 回想中・2 »