« マリアローザ・カラー | トップページ | ソノート »

2013年5月22日 (水)

エグレとらんマッハ

35433545マッハと言えば、H1乗りにとっては“エグリタンク”のみ、H1B乗りにとってはKAFフレーム採用モデルまで、H1D~H1F乗りにとっては“500SS”のみ(KHは含まない)…といった具合に、賛否両論あると思いますが、一般的に連想するのは、やっぱり“エグリタンク”だと思います。

とは言え、あの“エグリタンク”は発売直前で変更されたデザインらしく、最終段階までは、右画像のプロトタイプの様なA1・サムライやA7・アベンジャーと同イメージでまとまっていたらしい!しかしながら、何か垢抜けない雰囲気…。

もし、このまま発売されていたら、欧米での大ヒットは無かったのかも?って、考えてしまう普通~なデザイン!?勿論、性能在りきのマシンゆえに、デザインは二の次なのですが、“つかみ”って大事です。

3544という訳で、製品版のエグリタンクVer.の方が斬新で圧倒的にカッコいいのですが、「試作車」や「プロトタイプ」,「テスト車」って響きに、つい“不完全の美学”を感じてしまう事があります。マッハ自体 製品版ですら“不完全”な魅力で一杯なのに、それのプロトタイプって、どんなマシン?って、想像するとワクワクします。

ちなみに左画像は、「W1,A1,B1,H1!」な旧態然とした黎明期のプロトタイプ!コレはコレで渋い…。

|

« マリアローザ・カラー | トップページ | ソノート »

500SS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マリアローザ・カラー | トップページ | ソノート »