« 嘘つき嫌い! | トップページ | 国道上の吊り橋のワイヤ切れる ! »

2013年2月 9日 (土)

Wreck-It Ralph/シュガー・ラッシュ

3198
31993201ディズニーの最新3Dアニメーション映画『シュガーラッシュ』の日本公開(3/23)が迫り、CMやダイジェスト等でご存知の人も多いと思いますが、アーケードゲーム内が舞台となっており、主人公のラルフはドンキーコングをイメージした架空のキャラですが、上画像の通り、’80~’90年代の実在(?)ゲームキャラ総出演!

いずれもレトロゲームファンや洋ゲーマニアには、お馴染みのメジャーキャラばかりですが、「Qバート」や「ペーパーボーイ」,「モータルコンバット」(カノウ)などは日本ではマイナーかも?又、ベガよりもザンギエフを強めに推しているあたりが好印象…。

3200_2ゲーセンの営業時間終了後のゲーム機の舞台裏なんて、想像しただけでワクワクするのですが、今回の作品にまつわる本国の広告展開がヤバイ!主人公・ラルフが悪役をつとめる架空のゲーム「Fix-It Felix(フィックス・イット・フェリックス)」の8ビット画も素晴らしいのですが、1982,3年風のフライヤー(左画像をクリック!)なんかも公開されていて、レトロゲームファンの心を鷲掴み!?

筐体やゲーム内容から見て、前述の通り「ドンキーコング」がモチーフになっているのは一目瞭然ですが、任天堂からクッパが出演している事を考えれば、公開終了後 任天堂とディズニーでゲームでも発売するのかも?レースゲーム「シュガー・ラッシュ」におまけで「フィックス・イット・フェリックス」が収録されるに違いない。

という訳で、本国のCMがカッコよすぎる。作った人はレトロゲームファンや’80sマニアの趣向を本当によく理解していると思います。久々に映画館へ行きたくなりました。

|

« 嘘つき嫌い! | トップページ | 国道上の吊り橋のワイヤ切れる ! »

ゲーム」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嘘つき嫌い! | トップページ | 国道上の吊り橋のワイヤ切れる ! »