« ブッダ・インターナショナル・サーキット | トップページ | スタウトのフレーム№打刻位置 »

2013年1月 5日 (土)

インド・ハーレー500

30843085ハーレーが本格的にインド進出を企んでいるのは、周知の通りですが、’14年のインドモーターショー「Auto Expo」に向けて、現地生産のNEWモデルを開発中らしい…。

排気量的には、フルスケールではなく、400㏄~500㏄クラスとなるらしく、スポーツスター・ベースのVツインを搭載予定との事。大排気量モデルに移行していく為のエントリー的なモデルかと思われますが、安価な“ハーレー”ならインド人でなくても魅力的!

又、日本の普通二輪免許規格に収まる400㏄なら、心待ちにしている中免ライダーも多いはず。個人的には、「いきなり大型免許→ハーレー」みたいな輩より、クタクタのバルカンやスティード乗りに共感が湧きますが、安価な400㏄ハーレーが輸入されたら、3086中古市場で回り続けた国産中型アメリカンも引退…インド製って、やっぱり抵抗あります。

という訳で、インド・マーケット開拓で復興を目指すハーレーですが、「今のハーレーは…」みたいにエボ以降を見下すビンテージ・ハーレー乗りのどうでもいい嘆きが聞こえなくもない。きっとアメリカ人の心境はもっと複雑だと思います。

|

« ブッダ・インターナショナル・サーキット | トップページ | スタウトのフレーム№打刻位置 »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブッダ・インターナショナル・サーキット | トップページ | スタウトのフレーム№打刻位置 »