« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

世界一有名なナイトトレイン

28522853東日本大震災の津波に呑まれ、約一年後に白いコンテナに積まれたまま漂着しているのをカナダ西部の海岸で発見されたハーレーの事は大きく報道され、あまりにも有名ですが、その流れ着いた’04・FXSTBが10月24日よりミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアムで展示されているらしい!

当初、HD本社が無償で修理し、返還する事を発表していましたが、持ち主の意向で展示される運びとなったそうです。東日本大震災や漂着経路について書かれたボードと共に立派に展示されている様ですが、実に生々しい!

2854コンテナの中に入ったまま、海上を一年間プカプカと漂流してきただけに塩害でボロボロ…と思いきやフロントインナーチューブがピカピカ!勝手な想像ですが、インナーチューブのコーティング担当スタッフのドヤ顔が浮かびます。逆にこの丈夫なインナーチューブの所為でボロボロになったと思しきフロントホイール・スポーク担当(?)の苦悩も浮かぶ…。

という訳で、世界で一番有名になったナイトトレインですが、相方であり、マシンを守り続けた白いコンテナの行方も気になります。そのメーカーのコンテナが欲しいって人も多いはず!!

| | コメント (0)

2012年10月30日 (火)

モンスターエナ嬢

2850モンスターエナジーは、世界57ヶ国以上で販売され、日本でも大手アサヒが取扱いを開始した事から一気にメジャーになった気がしますが、レースシーンでは数年前からお馴染みのブランド!

そして画像は、MotoGPのヤマハサテライトチーム・Tech3のレースクイーン!上が直近のオーストラリアGPで、下が日本GPのモノですが、各GP毎に現地採用(?)される所為か、各国個性があって面白い!画像はテック3のHPからヒロってきましたが、対比できるようなアングルで撮ってくれていてありがたい。

2851こうやって見比べると、全然違う民族ですが、共に“肉食系女子”な雰囲気の『モンスターエナ嬢』を選抜してくるあたりがナイス人事!個人的にはモンエナのイメージと少し違う気もするダッチTTのオランダ娘がお気に入り!

そんな感じでモンエナは、“肉食系”な雰囲気が他のエナジードリンクに比べ、当然強いのですが、今 アメリカで問題となっているのが、昨年12月にメリーランド州に住む14歳少女が2日連続で、大サイズ(700ml)の缶を飲んだ後に「カフェインの毒性による心臓の不整脈」で死亡したというNEWS…。さらに遺族が製造会社を相手取って訴えを起こしたとの事。

「そんな~二缶飲んだくらいで死ぬか?」って、先日のCalflavorでモンエナを飲みまくって焦っている諸兄諸姉も多いはず。とは言え、北米版の大サイズ(700ml)には、コーラ(350ml)の7缶分ものカフェインが含まれているらしく…って、逆に“大した事無いのに何故?”って感じもします。

という訳で、遺族は代理人を通じ「私はただ、モンスターエナジーの製品が人を殺す可能性があることを知ってもらいたいだけ」って言っているそうですが、真意は微妙なところ…。結局は、周囲の大人の認識不足かも?大人の飲み物として、こっそり飲もうぜ~。

| | コメント (0)

2012年10月29日 (月)

ハーレーダビッドソン純正ヘルメット

28462847画像のハーレーダビッドソン・#1ロゴが誇らしいヘルメットは、最近 動態保存走行のチョイ乗りに使用しているハーレーダビッドソン純正オプションと思しきジェットヘルメット!

帽体が異常に大きく、適当にステッカーを貼り付けたオバちゃんヘルメットの様にも見えますが、前面に配置されたベンチレーターの意匠が純正の証!?何気にHDのロゴマークになってます。

造りも純正ゆえにしっかりしていて良いのですが、前述の通り、旧態然としたアメリカ規格のジェットヘルメットゆえに帽体がデカくて、ボクが被るとアフロヘアみたい…。

2848という訳で、ウルトラ系のツーリングモデルとかには似合いそうですが、他の単車に使うとスーパーにお買い物へ行くおばちゃんっぽい…。開き直って、白いスーツやDr.J(左画像参照)のレプリカユニフォームと合せて、オートバイに乗るとソウルフルでいいのかも知れません。

| | コメント (0)

2012年10月28日 (日)

BMW K1300S 30Jahre K-Modelle

28432844BMWがKシリーズ誕生30周年を記念して、K1200Sの特別仕様車「30Jahre K-Modelle」が発表されました。

現行のKシリーズと’83年発売のK100RSでは、エンジンレイアウトが異なり、若干の違和感を感じなくも無いのですが、“空飛ぶレンガ”(初期型・直列DOHC4気筒の俗称)から30年…。不人気な時期がありながらも、看板を下げなかったのは素晴らしい!

そんな感じで記念車には、微妙に名車R100RS“赤ハナ”を彷彿させるカラーリングが奢られています。「全然違うだろっ!」って、Rシリーズ至上主義者の意見も聞こえてきますが、やはりBMWの記念車!贔屓目に見て“Kの赤ハナ”だと勘違いしたいモンです。

2845という訳で、「Rシリーズの方が良かった…」等と酷評されながらも、Kシリーズを作り続けたゲルマン魂に熱いエール!!BMWはRシリーズの方も、欧州新排ガス規制ユーロ4/5に合わせ、水冷化が進んでいく様ですが、並列のSシリーズや小型のFシリーズのみに機種を絞ったりしない処が実に男らしい!!

| | コメント (0)

2012年10月27日 (土)

野球チームが全員乗れますよ

2839
28402842VWバスに乗っている人を見ると本当楽しそうだなぁ~って、いつも思いますが、基本的に沢山 人が乗れるクルマって愉しげに見えるものです。

それ故、VWバスの広告も乗車定員を遥かに上回る人が乗っていたり(上画像参照)、“野球チームが全員乗れますよ”(左画像参照)なノリだったりします。

右画像はマクドナルド’73年の広告ですが、どういうシチュエーションか判りませんが、レイトバスの回り,車内に黒人の子供が大集合で楽しそう…。小綺麗な黒人青年が子供達にマクドを振舞っている複雑な状況(?)も考察できなくもないが、単純に笑顔が印象的です!

という訳で、VWバスに定員ピッタリ乗っている姿を実際に見たことはありませんが、結構 車幅がないので窮屈そう!?だが、そのギュウギュウ感が間違いなく、広告の様な笑顔を生むはず。狭いとか、暑いとかって、ワラけてくる時ってないかい?

| | コメント (0)

2012年10月26日 (金)

CB500三兄弟!!

2835
28372836以前から噂になっていたホンダの新しい中型スポーツが意図的にリークされている模様…。そんな感じで画像は“スクープされちゃいました”的なヤラセ臭がプンプンします。

そして、スクープされたのはCBR500,CB500X,CB500Rの3機種!3機種と言っても、最近のホンダが得意としている“上モノ”違い多品種系マシンの様でエンジン,フレームは共通っぽい…。良く言えば、多くのニーズに対応するラインナップ強化,悪く言えば手抜きのコストダウンなのですが、各車とも見た目は最近のホンダらしさ全開の素晴らしい出来!?

肝心のエンジンについては正式なアナウンスが無いのでわかりませんが、水冷のDOHCツインが濃厚(250㏄×2=500㏄だけにCBR250Rの単気筒を引っ付けた“新型風”ユニットかも?)。当然、性能は期待できませんが、価格的にはタイ生産によって、魅力的なモノとなるらしい。

2838という訳で、日本向けの400㏄版が登場するのは、容易に想像できますが、どうせ“CBR400”の名を復活させるんだったら、現行のCB400SFベースに“レーサーレプリカ”を造ればいいのにって、シャバい事を言う老害はボクだけではないはず!でも、400㏄や500㏄のツインだけに「バブバブ」いったりするのかも…。

| | コメント (2)

2012年10月25日 (木)

KTM 390 Duke

2831
28322833125,200と好調なセールスを記録しているKTMのストリートバイク・Duke(デューク)ですが、ミラノショーで欧州・北米をターゲットにしたNEWモデル『390Duke』を発表するらしい…。

基本デザインを125/200Dukeと同様の“軽め”なストリートスタイルとしながら、車重150kgに最高出力45psを発生する375㏄の水冷単気筒DOHCを搭載し、最高速度を200km/hに設定した“強め”のマシンとなる模様!!

自社の上位モデル690Dukeや1090RC8等にちなんで、375㏄なのに“390”に盛っているのは、ご愛嬌ですが、基本設計が125Dukeのままだとしたら、かなり盛りすぎ…。

という訳で、375㏄まで盛られると日本では自動二輪となり、車検が必要になりますが“強めのシングルスポーツ”ってなると気になる諸兄諸姉も多いはず!しかしながら、未だにインド製工業製品に抵抗を抱いているのは、ボクだけではないはず…(一応、インドで生産後、オーストリア本社に輸送・検品されているらしい)。

| | コメント (2)

2012年10月24日 (水)

en español

28282829画像の南京錠は先日の「CALFAVOR」で買ってきたアイテム。数字ではなくアルファベットを並べ替えて合わせるタイプとなっており、10万パターンの中から好きな単語の設定が可能!

当然、1列10文字なので意味の通る単語は限られてきますが、防犯性を踏まえると意味の無い言葉にするのがいいのかも?とは言え、「何にしよう」って、ガチャ×2単語を求めて、知育玩具的な遊び方もできます!素晴らしい。

さらに注目は『en español』の文字!スペイン語版…。ヒスパニック系が多いカリフォルニアらしい「CALFAVOR」に打って付けの商品ではないでしょうか!?残念ながら英語版以上に思うような単語が作れない(日本人的に…)のですが、スペイン語併記のパッケージとかCalっぽい!

2830という訳で、この「WORD LOCK」には他のタイプもラインナップされている様なので、数字は覚えられないけど単語なら…って人にお奨めです。とりあえず、日本での防犯効果は高そうな気がします。ちなみにスペイン語版のデフォ位置(数字版でいうゾロ目位置)では、VIDA=人生,PECES=魚,GRATO=歓迎,DULCE=甘い,ABRIL=アブリル??になっています…。

| | コメント (0)

2012年10月23日 (火)

空港って気持ちエエ~

2824
28252826そろそろCalflavorネタも飽きてきた頃だと思いますが、上画像はスタウトの荷台上から撮った会場の風景…。エントリー車列の真ん中,端っこ(遅刻組ノンジャンル列?)といったベストポジションかもしれません!?

今回、撮ってきた画像には、エエ感じに飛行機が映りこんでいる訳ですが、空港ってナイスロケーション!無国籍というか、色々なギヤ(国)につながっていく、ニュートラルなロケーションだと思います。

又、アメリカでは空港を封鎖してレースが行われたりしがちなので、レーシーな雰囲気がしないでもない。周りに“和”テイストな建物が無いのもエエ感じ…。

2827しかしながら、空港の臨時駐車場といった元来“何も無い”場所でのイベント。トイレの問題は深刻!多めに仮設トイレが設置されていたものの、トイレ前は慢性渋滞…。無料で配られまくっていたモンスターエナジーの影響もありそうですが、手洗い用の水が早い段階で無くなっていたのは、考えものです。

という訳で、第一回大会って色々あるものですが、とても楽しいイベントでした。当然、素晴らしいイベントだった分だけ、スタッフの苦労が大きい!!前述のようなトイレ如何こうってホザく輩がいたり(スマソ)、本当にお疲れ様です。今後も恒例化していく事を心より願っております。

| | コメント (0)

2012年10月22日 (月)

Calらしさ

2820
28212822昨日の「CALFLAVOR」では、イベントの主旨に則したCalなマシンで一杯でしたが、個人的には、5マイルバンパーに時代考証のあった青い旧カリフォルニアナンバー(’69年~’81年)を掲げた欧州車に興奮していました。

“カリフォルニア仕様”って聞くと、かなり早い段階から施行された排出ガス規制によって、「ローパワー仕様」といった負のイメージがありますが、逆にめっちゃ校則の厳しい学校で無理矢理遊んでいる連中の様な潔さを感じないでもない。

そして、今回のイベントで一番のお気に入りは、右画像の「ヒュンダイ・Elantra」。一見、見た事がありそうで、全然 見覚えの無い韓国車ですが、ギラギラしたアメ車とは対照的でアメリカの駐車場からそのまま抜け出してきた様な普通っぽさ…。イベントの“名脇役”といった感じで素敵すぎる!

という訳で、カーカルチャーを追求する事の奥深さやこだわりの大事さを改めて考えさせられた週末でした。

| | コメント (0)

2012年10月21日 (日)

Cal Flavor 2012!!

Calflavor
28172818今日は、中部国際空港セントレアで開催された「CAL FLAVOR 2012」にスタウトでエントリーしてきました!

カリフォルニアカルチャーをコンセプトにしたエリア最大級の複合的イベント…って謳いながらも、初開催。フライヤーのイメージ(左画像参照)みたいになるのだろうか?とシャバい疑問もありましたが、上画像の通り、イメージ通りのキャル風イベントでした!!

そんな感じで各エントリー車の紹介については、全車を丁寧にアップしてくれる諸兄諸姉にお任せして、今日は様々な事に“喝~ッ!”(怒)

2819おかげ様で結婚,一姫二太郎に恵まれ、こうやってイベントに参加し、愛車を前に家族団欒…って(゚Д゚)ゴルァ!オマエら誰やネン!!日陰の無い会場で気の毒なのはよく判るが、へボくてもエントリー車両の前…。あまりにも無神経すぎる(それ故、日陰に入れたはずのボクちゃんに日が当たっている)。

綺麗なアメ車でもなく、雨ざらしの汚い国産トラックですが、トヨタがアメ車を意識して造った意欲作だと勘違いして、このクルマに乗っています。そんなスタウトの存在を知って欲しくて、恥ずかしながらエントリーさせてもらっている訳です!折角、見た目はまともそうな家族っぽいのに残念すぎる。クルマの前に居座っていいのは、キャンギャルだけです!!

もう一つ残念だったのは、イベントを中断し、ステージからも悲痛な叫びが伝えられていた数台の「路上駐車」問題。この種のイベントにはありがちですが、数台の為に全てが台無しになります。私利私欲の為のルールやぶり…。気持ちは判らないでもない。しかしながら、自分達のせいで次回の開催が危ぶまれる可能性もでてくる事を理解してほしい。

という訳で、めちゃくちゃ楽しかったイベントの関連記事をクソみたいな内容にしてしまった事をお詫びします。ただ無神経な奴が許せません。誰かの為にいい事をするのは難しいけれど、誰かに迷惑を掛けない様にする事は、ちょっとした気遣いで出来ると思います!!

| | コメント (0)

2012年10月20日 (土)

明日はお出掛けだ!

2814明日は、中部国際空港セントレアでカリフォルニアカルチャーをコンセプトにしたカーイベント「CAL FLAVOR」に行こうと思っていますが、折角なんで椅子でも持っていこう…って、ガレージから取り出そうとしましたが、散らかっていて面倒臭い!

2815いい加減に片付けたいところですが、つい車両を出し入れしていると、遊びにいきたくなるのがデフォ。

それにしても、モノが一杯でウンザリしま…せん!「ゴミ屋敷」の主人と同じ思考回路なのか、俄然 テンション上がります。基本的に見える場所には、直近のお気に入りアイテムしかないので、テンションが上がっていくのは仕方がない!

そんな感じで、右画像は見事にお気に入りアイテムを大体おさえたショット…。適当に置いていても自然とこうなります。

という訳で、ただ椅子を取り出すだけで、ひと苦労…。やはり、ガレージの片付けは急務の様です。しかしながら、バイクシーズン真っ盛り!ガレージの片付けは、(シーズンを外した)凍てつく様な寒空の下や灼熱の中でやるモンだと思ってます。

| | コメント (0)

2012年10月19日 (金)

YamahaulerってDATSUN?

2809
2810以前から「Yamahauler」について、そのHaulerがダッヂのキャンペーンなのか、系列のトヨタ車なのか、どうでもいい論争を繰り広げてきた訳ですが、右のグッドイヤーの広告に映りこんでいるストロボ・ラインのマシンは、多分 ダットサン!

2813ヤマハと言えば、前述の通り、昔からトヨタ・ファミリーなのですが、ダットサンの北米向け広告にDT-1が積載されていたり、微妙な関係が伺えます。それにしても、右画像のダットサンは、一歩間違えると道路公団や工事車両みたいですが、USヤマハすぎる…。

このグッドイヤー版Yamahaulerが単なるプロモーション用だったのか現在 検証中ですが、きっと実車で再現しているマニアが北米にいるに違いない。

という訳で、上画像はダットサン・グッドイヤー版Yamahaulerにインターカラーのマシンを積んだ予想図…。どう考えても、積むマシンが限られます!ちなみに積載してるマシンは、ヤーノ・サーリネンのTZ350ですが、何気にダンロップユーザー…。ちょっとハズしてます!

| | コメント (0)

2012年10月18日 (木)

ベスパカーのレゴ

28062807レゴを説明書通り、作って遊ぶのも楽しいのですが、子供らしく創作すれば、楽しさは無限大…。勝手な家やマシンを作っている時って、夢中になれます!とは言え、こっそりプロビルダーの作品をパクったりもする…。ブロックさえ揃えば、誰でも作れるのがレゴの凄い所。

そんな感じで、プロビルダー作品の街並みで見つけた渋いマシンが画像のベスパカー(PIAGGIO APE)!日本でもマニアの間で人気の高い3輪ミニカーですが、かなりよく出来てます!実車同様、狭くてフィグが乗るのは、困難の様ですが、首だけ“ポチッ”と乗せて、カラダはバックヤード(収納箱)に隠す…。“レゴあるある”ではないでしょうか?

2808日本の田んぼに軽トラが似合うように、イタリアの狭い石畳の路地にはベスパカーがよく似合います(行ったこと無いけど…)。それ故、レゴで作ったカッコいいイタリアな街並みに、ベスパカーを置けば、グッとしまります!

という訳で、ベスパカーは数々の欧州レゴビルダーによって、様々な手法で再現されているので参照してみると面白いかも!?個人的には、日本でお馴染みのポリバケツのような薄いブルーで作りたいものです。

| | コメント (0)

2012年10月17日 (水)

1位・グーテンバーガー

2802
28032804先日、紹介したTV『ハンバーガー総選挙』を見て、「俺は○○バーガーだ!」っみたいに論争を繰り広げたと思いますが、個人的な1位はダントツで“グーテンバーガー”!!

ボクと同世代以上の諸兄諸姉には、お馴染みだと思いますが、SAや旅館,遊戯施設等で昔はよく見かけた自販機のハンバーガー!他にも何種類かハンバーガー物があったと思いますが、“グーテンバーガー”が個人的には標準だと思っていました。(ちなみにグーテンバーガーはマルシンの子会社が作っていたらしい。マ~ルシン♪マ~ルシン♪ハンバーグ~♪)

残念ながらグーテンバーガーは、’02年で販売を終了してしまいましたが、この自販機が設置されている様なロケーションで食べるハンバーガーは、どんなハンバーガーよりも美味く感じたものです。おそらく好ロケーション(食べ物屋さんが無い辺境地とか…)に設置されていたこの種の食料系自販機に“ありがたさ”を感じた諸兄諸姉も多いはずです。愛想笑いの“スマイル”なんていりません…。温めすぎて食べれないハンバーガーの温もりは、そこに自販機を設置したオーナーの優しさが詰っていたのだ!

という訳で、最近では全国どこに行っても、コンビニが出店している為、この種の食料系自販機は激減していますが、トイレと自販機だけの高速PA等で稀に見かけたりするので、勇気を出して食べてみよう!

| | コメント (0)

2012年10月16日 (火)

世界最速のアウディ

2797
27982799画像は先日、ボンネビルで行われたスピードレースで、量産セダン部門の世界最速記録(380.7km/h)を樹立した’92年式アウディ・S4(初期型)!直列5気筒DOHCターボユニットは、カリッカリにチューンされ、最大出力1,100psを発生。

もっと楽にチューンできそうな量産セダンって他にありそうですが、“ベンツを買おうとするも営業マンにそそのかされ、売りつけられちゃった”臭のする大き目のアウディをあえて使用するあたりがニクい…!

このS4初期型は、ヤナセとフォルクスワーゲン・アウディ・グループが揉めて、混沌としていた時代のモデル故に日本ではあまり馴染みがありませんが、 搭載されるターボユニットは、WRC・グループBで活躍したアウディ・クアトロ用がベースだったり、やぼったい外観とは裏腹に結構 強め!とは言え、もっと速そうな量産セダンはあったはず…。

2801という訳で、20年も前のクルマで打ち立てた大記録も凄いのですが、あれだけ町を走りまくっていた’90年代のアウディって、どこへ行ってしまったのだろう?って、どうでもいい疑問が浮かんでしまう今日この頃です。

| | コメント (0)

2012年10月15日 (月)

岡崎市東公園動物園

27902792昨日、岡崎市東公園に行ってきました。この東公園のウリは動物園!しかもロハ(只=タダ)!!無料ゆえにスゲ~って珍しい動物はいませんが、猿山があってゾウがいたり結構 本格的です。又、リスザル,プレーリードッグ,ミーアキャットなど小動物も充実しています。

これら動物や動物園については、ムツゴロウ系ブロガー(?)に任せて、ボクの注目は動物園と動物ふれあい広場をつないでいる連絡トンネル(右画像参照)!画像では判り難いのですが、東名高速の真下を横切っており、何と無く危なっかしい感じもしますが、大型トラックが通過する時は迫力満点です。

ディズニーランドの様に下界が完全に見えないようにするのもいいのですが、2791コレはコレで非現実的な感じで面白い!トンネル内も音が鳴ったり、趣向が凝らされていて、高速道路の真下にいるって云う感覚が新鮮!

という訳で、目の肥えたガキ共には全然物足りない動物園だと思いますが、「今さら入園料をはらってまで…」って思っている疲れた大人にお奨めのスポットです。

| | コメント (0)

2012年10月14日 (日)

ロッテリア再評価!

27872789昨日、『お願い!ランキングGOLD 特別編・2時間スペシャル』(テレビ朝日系)の“第1回ハンバーガー総選挙”を見て、ハンバーガー店へ足を運んだ人も多いと思います。結果(左表参照)はモスバーガーの圧勝…。

日本でおなじみのハンバーガー店5社の商品を対象に国民1万人が、一番好きなメニューを選ぶ…といった内容でしたが、店舗数を考えれば、その一万人が全員 フレッシュネスやファーストキッチンやバーガーキングを食べた事があるのかナゾ。何と言っても、マクドがいない(日本最古のハンバーガーチェーン・ドムドムもいない!)!!知名度,味から考えればモスの圧勝も納得ですが、JR芦屋人的には、フレッシュネスの圧勝(モス撤退)だったのが現実。

そんな感じで、番組を見て、モスのアンチになってしまった輩も多いはず!そして、無性にロッテリアが食いたくなったのは、ボクだけでは無いはず。ロッテリアって、昔は安っぽいイメージがありましたが、近年イメージチェンジして、随分垢抜けた気がします。味も絶品シリーズや定番のエビバーガーは安心して食べれます!

という訳で、画像は地元のロッテリア!皮肉にも同敷地内にあるリサイクルショップにマクドのドライブスルー看板が売られていました(矢印の方向を1kmくらい行けば実際にマクドがある!)。「マクドが総選挙に加わっても、上位の順位は変わらない」といった現実的な意見も多い様ですが、第2回はもうちょっと納得できる番組内容にして欲しいところです。

| | コメント (0)

2012年10月13日 (土)

イベントシーズン到来

2783
2784秋は様々なイベントが開催されますが、楽しそうなフライヤーやDMが数枚…。今日はそんな感じで、近々 東海エリアで開催されるイベントを紹介していきます。

まず来週21日(日)に中部国際空港セントレアでカリフォルニアカルチャーをコンセプトにしたカーイベント『CAL FLAVOR』が開催されます。カスタムカー,チョッパーバイク以外にも音楽やスポーツ、ファッションやライフスタイルもカリフォルニア一色…云々な魅惑のイベントで興味津々なのですが、第一回大会なので実際に当日行ってみないと中身が見えないのがミソ!

続いて10月28日(日)にラグーナ蒲郡で初開催されるスワップミートが『JAY MARKET 2012』!フライヤーからして、深夜~早朝に懐中電灯を翳した怪しげなブローカーがウロウロしている様な“部品交換会”とは一線を画した感じ!主催しているのがカスタムバイクショーでお馴染みのJOINTSなので、それっぽい連中が大集結しそう。会場的にも、今年デッドヒィト三河が開催された好ロケーションゆえに楽しそうですが、入場料1,500円(前売1,000円)…いつもの“部品交換会”とは一線を画した感じです。出店料も10,000円…。コレは売る側も買う側も必死の好ゲームとなりそう。

2786そして、今年はいつもより早い時期の11月18日(日)に『浜名湖2&4スワップミート』が浜名湖競艇場・東側駐車場で開催されます。コチラは、スタートが一応 日の出スタートなのですが、深夜から明け方が勝負といった伝統的“部品交換会”のスタイル!呑気に9時集合ではすでに帰っている出店者もいるかも?又、部品交換会と並行して車両の展示も行われるので注目したい。今回はテーマ車両が古い英国車なので、持って行く車両が…なのですが、前々回(ヤマハ編・旧ブログ参照),前回(スズキ編・旧ブログ参照)と参加させてもらい、様々な交流があり面白かったので、是非 英国車乗りの諸兄諸姉は、みんなに披露して下さい。

という訳で、この時期はワクワクするイベントが多いのですが、オートバイシーズン真っ盛り、スパッとイベントを切り上げて、愛車に乗って自分だけのスペシャルイベントを楽しむのもいいと思います!

| | コメント (0)

2012年10月12日 (金)

地味に発表!NEWヒョースン!!

2777
27802778大型二輪販売店が扱うも、未だに日本で根付かない韓国製オートバイ・ヒョースンですが、先日 開催されたインターモトで主力機種・GT250R/650Rの新型モデルが発表されていました。

基本的なディメンション,エンジンの変更は無い様ですが、不評だった足廻りが前後共、日本製(カヤバ製)に変更され、ちょっと古臭くなっていたフロントマスクを一新!

これならNinja250やCBR250Rの国産勢とはり合えそうなルックス(?)。エンジン面でも抜群ではないが、コンプレッサーの様な粘り強いVツインは、右画像の様に商用トライクに使用される等、トコトコ走る分には申し分無い感じ…。

ちなみに右画像のトライクは、ソウル市内で見られる商用カスタムマシンの様ですが、シャフトドライブにコンバートされていたり、堅牢そうで、東南アジアや中国で走っている様な街角ビルダー製作のインチキ・トライクでは無さそう。おそらくヒョースンVツイン専門トライクショップとかがあるのかも知れません。

2779という訳で、ヒョースンはルックス,パフォーマンス共に国産勢が低調なだけに、充分 選択肢として有り得る存在だと思いますが、ヒュンダイしかり日本人特有の“無言の不買運動”が働く為、庶民権を獲得するには、よほど優れたパッケージングやコストパフォーマンスの製品を開発するか、韓国軍が竹島から撤退するしかないだろう!でも、右画像のGT250Rトライクは安ければ欲しい…。

| | コメント (0)

2012年10月11日 (木)

イエローキャブ・ピザ

2772
27732774郵政カブに乗りたくて郵便局員になった人って結構いるそうですが、きっと宅配ピザのデリバリーの人にもそういう人は多いはず!働くライダーの美しさはGPライダーに似てる…。

そんな感じで、画像の黄色いベスパは、フィリピンを中心に東南アジアで幅を利かせる(?)ピザチェーン「YELLOW CAB PIZZA」のデリバリー車。

同グループのアイコンともいえるマシンなのですが、ピザ=イタリア=ベスパ?,イエローキャブ=ニューヨーク(タクシー)と言った具合にゴチャゴチャしてますが、カラーリングやボックスのバランスがPXシリーズのシルエットとハマっていてめっちゃカッコいい!こんなマシンが来るなら毎日呼びたくなります。又、食べ物を入れるカラーリングとは思えないピザ箱もヤバい…。

2776という訳で、デリバリーピザ激戦区(本当かなぁ~?)のマニラ市街では、大手ピザハットもタイムリミット(30分)をボックスに電光掲示したり、遊び心があって面白い!ピザを注文するシチュエーションって、大抵パーティー等の楽しい席だったりするので、ある程度のギミックはあった方がいいと思います。

| | コメント (0)

2012年10月10日 (水)

현대 포니/픽업 트럭 (ポニトラ?)

2768
27692770韓国車を紹介するのは、竹島問題とかもあり、若干 気が進まないのですが、気になるマシンは多い!特にクルマについては、ヒュンダイの日本撤退が物語る様に、馴染みの無いマシンばかり…。それ故、旧韓国車を調べるのって、何だか新鮮!

そして、画像は’75年に発売された韓国初の固有モデル(それまでは外国メーカーのノックダウン生産がメイン)ポニーのピックアップVer.!おそらく右画像下がジウジアーロのデザインによる初期型。その上がマイナーチェンジ後の2型(?)。そして、上画像,左画像が最終型っぽい…。

2771利便性や快適性,安全性を求めた結果、年々ダサくなっていったのは、このポニーに限らず、他の’70~’80年代のモデルにもありがちな現象ですが、初期型の欧州車さながらのルックスは秀逸!又、セダンピック特有の強引に造られたであろう、いい意味での“不恰好さ”も渋い…。

という訳で、韓国自動車メーカーは「三流」のイメージを払拭する事無く、日本から撤退していきましたが、欧州,アメリカ,日本各車のノックダウン生産で培ってしまった“何かっぽい”マシン造り(パクリ)から抜け出し、もっと“韓国車らしい”マシンをリリースして欲しいモンです。同じ黄色人種だから、日本車と同じ様なデザインになっちゃうのかな~?

| | コメント (0)

2012年10月 9日 (火)

ピザピール付!

2764昨日、紹介したアクアチプレッソさんの所為でピザカルチャーに興味津々…。そんな感じで気になるアイテムは、画像のプレイモービル「4766・Pizza Baker」!

2767これはSpecial PLUSシリーズの新作で、ちょっと前にリリースされたモデルで、「ふ~ん!ええやん」って感じでしたが、実際にBakerさんを目の当たりにしてから見ると大きなしゃもじ(ピザピールって言うらしい…)が無くてはならないパーツである事が判ります。絶妙かつ微妙にリアルなプレモの世界観には毎度感心させられます。

さらにこのピザオヤジに合せて、ピザ屋コンバートキットの様な石窯や什器のセット(アドオン:6291)もリリースされています。これを味のあるハウスにセットすればお洒落なピザ屋さんの完成!?

という訳で、プレイモービル自体、如何にも“ヨーロッパでっせ”な欧臭のプンプンする日本で馴染みの薄いカルチャーモノが多く、小物の素晴らしさに100%共感できないのが残念なところ…。とは言え、逆にプレイモービルから欧州文化を学ぶのもいいのかも?知育玩具の正しい使い方だと思います。

| | コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

真っ赤な扉の小さなピッツェリア

2760
27612762昨日に引き続き、地域に密着した芦屋ニュース!今日は先月オープンしたばかりのピッツェリア「Acqua Cipresso」(アクア チプレッソ)へランチに行ってきました。

真っ赤な扉が目印の小さな可愛らしいお店ですが、小さな間口からどうやって搬入したのかナゾな大きなピザ窯が印象的!そしてランチタイムは、そのピザ窯で焼かれたピザメニュー(ディナーはパスタ等、盛り沢山との事…)。

メニューが豊富なので、ボクの様な“ピザ=デリバリーピザ”な“寿司=回転すし”な輩には、酷なのですが、親切なスタッフによる説明があるのでありがたい。例によって味については、グルメブロガーを気取る輩に任せようと思いますが、基本的に美味かったモンを食べている写真なんてありません。当然、絶品でした!!

ちなみに聞き慣れない店名は、アクア(水)とチプレッソ(杉)の造語だそうで、オーナーの祖父(水杉さん)へのリスペクトが由来らしい。さらに前述の真っ赤な扉は杉製!こだわりって大事です。

2763という訳で、小さなお店なのですぐに満員になってしまいますが、テイクアウトも可能なのでめっちゃお奨め!ドゥカティ(左画像参照)やベスパで乗りつけたいところです。

| | コメント (0)

2012年10月 7日 (日)

あしや秋まつり・だんじり巡行

Ashiya
上から『あしや秋まつり・だんじり巡行』!交差点を占拠してます…。
山車も厳密には一般車と同じ車両の一つ(多分、軽車両)ですが、“道路使用許可”があれば概ね何でもアリです。「回せ!回せ!」の掛け声と共に、綺麗に整備された舗装路をゴリゴリって、何となく爽快!とは言え、秋祭りってちょっと肌寒い…。

| | コメント (0)

2012年10月 6日 (土)

タイヤハウスがデカい!

2756
27582757日頃、スタウトに乗っていると「荷台が広くていいね~」調の事を言われますが、実際のところは、狭くは無いが使い難いというのが本音…。正確にはオートバイが積み難い!

荷台長は、大抵のオートバイが縦にスッポリ積めるサイズなので良いのですが、横幅が5ナンバー規格な上に、低床トラックの欠点であるタイヤハウスがデカくて高さも深い目…。

オートバイを一台だけ積む時は、このタイヤハウスにアテ物をして固定メンバーとして、使ったり出来るのですが、2台積む時は、このタイヤハウスがめっちゃ足枷になります。ステップ位置の高いオフ車とかなら、問題はありませんが可倒“しない”式ステップが装着されている様な旧車を積む時は結構 厄介かも?

2759という訳で、2トン車を完全にモテあましている感じですが、カッコよく積めた時(?)がトラック乗りにとって至福の一時!そういう時って、あまり無いのですが、中華ジープを輸送した時にタイヤハウスの間にピッタリ収まった時は、流石にテンション上がりました!

| | コメント (0)

2012年10月 5日 (金)

GSX-R1000・赤鼻

2752
2753現在ケルンで開催中のインターモトには、当然、日本の4メーカーも出展しているのですが、カワサキがZ800等のブランニューモデルを発表した以外は割りと控え目…。先日、紹介したホンダ・RCV1000や久々の中型NEWモデルCBR400R/500Rはおあずけとなった模様!

2755そんな中、国内勢の注目は「GSX-R1000 1 Million Commemorative Edition」!GSX-Rシリーズ・累計生産台数100万台突破の記念モデルらしく、登場の1985年に絡めた1985台の限定車…そんな事より、専用のカラーリングがアツい!ドイツのオールドファンもニヤリの“赤鼻”です。

“赤鼻”と言えば、当ブログの旧車2輪系ウォッチャー様には説明不要かと思いますが、’78年に発売された世界限定200台のBMW「R100RS“Motorsport”Special Edition」(通称・赤鼻)を連想してしまいます。100万台の記念モデルにR100RS“赤鼻”のオマージュとも取れるカラーリング!しかも、ドイツのショーに発表してくるあたり、スズキの粋な演出に違いない…。

という訳で、ボクサーツイン入門車として手頃な個体が多いR100RSの中でも、一際 高価な“赤鼻”ですが、カラーリング以外は普通の旧型R100RSと同じ。赤い鼻は勿論、マイスターによって描かれるライン等も巧みに複製したレプリカも多く存在するので購入の際は要注意です。万が一、バッタもん(レプリカ)を掴まされ、エンスーの五月蠅いおっさん(老害)に指摘されても無視して、ボクサーツインを楽しんで下さい!

| | コメント (0)

2012年10月 4日 (木)

BMWの水冷ボクサーツインと言えば…

2749
2750昨日、ドイツ・ケルンのインターモトで発表された水冷ボクサーツイン搭載のR1200GSについて紹介しましたが、“水冷のボクサーツインってなかったっけ?”って、何か腑に落ちない感じがしていました!もっと“水冷でっせ”なエンジンを積んだBMWがあったような…。

2751そんな感じで、画像は’89年から’92年にかけて、たった4台だけ試作されたレーサー『BMW・R-1』。如何にも剛性の高そうなアルミフレームに“水冷でっせ”なエンジン!コレですわコレ!!4気筒の「K-1」に対しての「R-1」みたいなネーミングもイカす!

このマシンは、エンジニアリングチーム「Georg Emmersberger」製作によるプロトタイプですが、DOHC 4バルブ・デスモドロミックヘッドを採用し、最高出力135ps(最終的には140ps!)を発生する夢の水冷ボクサーツインだったらしい。やや腰高なレイアウトですが、コンパクトなシリンダーへッドと合せて、バンク角は一般的な4気筒よりも広そう…。

という訳で、当時、このマシンをテストしたであろうアラン・カスカート氏(右画像参照。“かすかーと”つなぎでお馴染み英国人ジャーナリスト)のレポートが気になるところです。

| | コメント (0)

2012年10月 3日 (水)

水冷ボクサーツイン!R1200GS登場!!

2746
2747ドイツ・ケルンにてオートバイ国際見本市「インターモト」が開幕しました。勿論、気分は上海でトランジット中!ドイツは遠いのだ…。

2748そんな感じで注目は、地元・ドイツのBMW。ついに“水冷ボクサーツイン”を搭載したNEWモデル・R1200GSを発表しました。パッと見では、“水冷でっせ”なNEWエンジンでは無い為、判りにくいのですが、シュラウド内にラジエーター(片側のみにファン有)が配されています。

この水冷化は、欧州の最新排ガス規制・ユーロ4/5に適合させるのが目的だと思いますが、頑としてボクサーツインを止めない所が凄い。BMWは、近年 一般的な水冷並列4気筒モデルをラインナップしたり、自らボクサーツインを否定しているかの様なところがありましたが、BMWのオートバイと言えば、やっぱりボクサーツインでしょう!

という訳で、ボクサーエンジンの水冷化は、重量増,パワー変わらず(?)…と賛否両論だと思いますが、信念を貫き通す姿勢は見習いたいものです。

| | コメント (0)

2012年10月 2日 (火)

KORG・monotron DELAY

27442745今日はお誕生日!そんな感じでプレゼントに貰ったのが、手のひらサイズの本格的アナログ・シンセサイザー「KORG・monotron DELAY」。

これは以前紹介(’10・7/6分参照)したmonotronの兄弟機にあたり、その名の通り、アナログ・エコー風のディレイを搭載したスグレ物!貧乏音楽少年期を過ごしてきた為、「ディレイ=高価」という図式が刷り込まれていますが、定価¥4,935(本体価格¥4,700) と一般人でも買いやすい価格設定(ネットで買うともっと安い…)!

実は昨年末に発売されていたので、いまさらなのですが、このシリーズ楽しすぎる!!ピコピコした電子音が好きな輩なら1時間位は遊べそう。又、ちょっとしたSEとしてライブで使えなくもない。芸の幅広がります!

という訳で、アナログシンセと言うと、高価で扱い難いイメージがありますが、これならめっちゃ気軽。又、対象年齢に合致していませんがお子様の知育玩具としても良さそうです。

| | コメント (0)

2012年10月 1日 (月)

バッテリーは海外旅行に行きました…

2743今日は久々にマッハに乗りま…とスムーズにいきたいところですが、痛恨のバッテリー上がり。単なるキーのOFF忘れっぽいのですが、恥ずかしい限り!

気分的に“バッテリーの電気は海外旅行に行きました”と思ってしまいたい位、ヤルセナイ…。画像は失意の中、バッテリーを外し、ガレージに戻しているところ。嫌な事は妄想にふけて忘れよう!充電開始!!

2741そんな感じでバッテリーチャージ終了。光り輝く緑のランプ(ニュートラル)!キックを一番下まで踏み込む事無くエンジン始動。こんな感じで労せずエンジンが始動した時って、地獄の使者がお迎えに来たかのような錯覚を抱いてしまいます。

という訳で、走り出せば振動に白煙,金属的なけたたましい排気音。マッハに乗っていって本当によかったと思える瞬間がやってきます。最近はあまり乗れていませんでしたが、やっぱりマッハはスリリングで面白い。オートバイの長所と短所が判りやすく味わえるマシンだと思います。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »