« BMWの水冷ボクサーツインと言えば… | トップページ | タイヤハウスがデカい! »

2012年10月 5日 (金)

GSX-R1000・赤鼻

2752
2753現在ケルンで開催中のインターモトには、当然、日本の4メーカーも出展しているのですが、カワサキがZ800等のブランニューモデルを発表した以外は割りと控え目…。先日、紹介したホンダ・RCV1000や久々の中型NEWモデルCBR400R/500Rはおあずけとなった模様!

2755そんな中、国内勢の注目は「GSX-R1000 1 Million Commemorative Edition」!GSX-Rシリーズ・累計生産台数100万台突破の記念モデルらしく、登場の1985年に絡めた1985台の限定車…そんな事より、専用のカラーリングがアツい!ドイツのオールドファンもニヤリの“赤鼻”です。

“赤鼻”と言えば、当ブログの旧車2輪系ウォッチャー様には説明不要かと思いますが、’78年に発売された世界限定200台のBMW「R100RS“Motorsport”Special Edition」(通称・赤鼻)を連想してしまいます。100万台の記念モデルにR100RS“赤鼻”のオマージュとも取れるカラーリング!しかも、ドイツのショーに発表してくるあたり、スズキの粋な演出に違いない…。

という訳で、ボクサーツイン入門車として手頃な個体が多いR100RSの中でも、一際 高価な“赤鼻”ですが、カラーリング以外は普通の旧型R100RSと同じ。赤い鼻は勿論、マイスターによって描かれるライン等も巧みに複製したレプリカも多く存在するので購入の際は要注意です。万が一、バッタもん(レプリカ)を掴まされ、エンスーの五月蠅いおっさん(老害)に指摘されても無視して、ボクサーツインを楽しんで下さい!

|

« BMWの水冷ボクサーツインと言えば… | トップページ | タイヤハウスがデカい! »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BMWの水冷ボクサーツインと言えば… | トップページ | タイヤハウスがデカい! »