« 土岐プレミアム・アウトレット | トップページ | ピックアップ・トラックの現存率… »

2012年8月 7日 (火)

日本仕様は「パニ瓦権造」

2541
25422543先日、ドゥカティの緊急ディーラーミーティングで発表された話題のマシンが次世代のスーパーバイク「1199パニガーレ・日本仕様」!

巷では、このマシンを買えない貧乏人達やアンチ・ドカティストによる酷評,ドカ・ディーラーによる「やっと発表されました」的なデザインについて一切触れない痛々しいコメントで溢れています…。

個人的には前者と同様、“ダサい”の一言で片付けたいところですが、本当にダサいのは日本の法律!ノーマルマフラーを生かす(ROMでエンジン回転数を下げる→最高出力60馬力)か、デザインを犠牲にして音量対策をするか、ドカの苦悩が伺えるマシンだと思います。

結局は、ZXRの様な旧世代のスーパーバイクみたいなサイレンサー(テルミニョーニ製カーボン)を装備した不恰好なマシンに仕上がってしまった訳ですが、モザイクや目線と同様、その存在がある事で“俺、環境悪だぜッ!”ってアピールしている様で、微妙にエロい様な気もします。とは言え、無修正(フルパワー)に慣れてしまった現代人にしてみれば、パワーダウンに重量増、さらにダサい…。2544予約を入れてしまった輩にしてみれば、テルミニョーニのロゴ通り「orz」かも知れません。

という訳で、“テルミのレース管”装着を企てている1199予約者も多いと思いますが、フルパワー仕様で乗れていないより、ローパワー仕様で乗れている方が断然カッコいい!135psもあれば、昔のZX10とタメです!!

|

« 土岐プレミアム・アウトレット | トップページ | ピックアップ・トラックの現存率… »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土岐プレミアム・アウトレット | トップページ | ピックアップ・トラックの現存率… »