« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

Renault Estafette

2514
2515憧れのファミリーカーと言えば、何と言ってもVWバス!週末は湖までピクニック…って、普通に憧れます。とは言え、ボクはオートバイ人!RR車の積載性を考えるとちょっと躊躇してしまいます。

それらオートバイの積載性を考えていくと、後ろにエンジンが無い方がいい!そんな感じで、色々マシンを物色中。

2516そして、画像は現行のルノー・トラフィックの前身にあたる「Estafette」。日本では殆んど見掛けませんが、フランスではバン,ワゴン,キャンパー等、様々なバリエーションが存在するポピュラーなモデルだった様で、FFを採用する事で荷室の自由度を高めているが特徴!これなら、オートバイも気軽に積めて、ルックス的にもVWバスと張合うファニーさ!しかしながら、売り物個体に出会ったことがな~い。

という訳で、「ハイエース欲し~ぃい」って、素直に思える性格に生まれてこなかった事をちょっぴり恨む…。又、「クルマ=オートバイが積めないとダメ」という個人的レギュレーションも悩ましい。

| | コメント (0)

2012年7月30日 (月)

お友達の家なので毎日行こう!!

2510
25112512画像は昨日、海水浴の帰りに立ち寄ったログハウスの展示場!ログハウスと言えば、別荘とかのイメージが強いのですが、最近では一般居住用で使用する人(左画像はイメージ図)も増えているらしい…。

建築工法の関係から、使えないor使いにくい“デッドスペース”が生じるログハウスですが、その開放感や楽しさは普通のお家では、なかなか得られないもーのがあり、奥が深い!

木が膨張・収縮したり、経年変化もあり、メンテナンスが大変…とか、シャバい事を言わなければ、抜群に楽しそう!同社の掲げるスローガン“「住む」より「楽しむ」”。前述のメンテナンスやトラブル(木のクラック等)を“楽しめる”か、どうかがポイントの様だ。

という訳で、ログハウス=ザ・趣味人の様にも思えますが、逆に全く趣味の無い人こそ、より楽しめそうな気がします。ちなみに同展示場には、フレンドリーと馴れ馴れしいを履き違えた気さくな様で、気の毒なスタッフが対応してくれますので、ちょっとムカつきたい人にお奨め!!タメ口でお友達の様に接して頂いたので、毎週末 居座っていいものだと勘違いする事にしました。皆さん展示場で会おう!!

| | コメント (0)

2012年7月29日 (日)

解説・フローイング

2506
25072508今日は三河大島に行って来ました!今日は蒲郡の花火大会もある所為か若干 賑わっていて、平日の超過疎無人島を支えてきた自称・島民としては嬉しい限り…。

今シーズンからヨメフレッドを迎え入れた訳ですが、面白い木を拾い集めたり、海に浮かんだり、島でのカリキュラムに変更はありません。とは言え、長年 取り組むもセルフタイマーに限界があり、紹介できなかった『フローイング』(海に浮くだけの新競技)の写真撮影に成功!

そもそも、死海に浮かんでいる観光客の写真を見て、“普通に日本でもできるんじゃね?”って、浮き始めたのがルーツですが、浮力を稼ぐのって難しい…。

2509勝手に“型”の名前を決めてきたのですが、「ジーザス」や「NBT(のび太)」は、プレイ歴も長く、個人的に完成度の高い技だと思います。「NBT」については、“死海技”だと思われがちですが、頭部の浮力が稼ぎやすく比較的難易度は低め!慣れてくると、肘を水上に突き出せる様になります。是非試して見て下さい。

という訳で、フローイングの技を募集しています!面白い浮き方などがあれば、どしどし御連絡下さい。ちなみに「NBT」は上級者になると、睡眠が可能です!!

| | コメント (0)

2012年7月28日 (土)

俺も8時間耐久作業!

2503
2504ココ最近はロンドン・オリンピックが開幕したり、巷ではスポーツ観戦三昧って感じですが、今週末は何と言っても、「鈴鹿8耐」!

ワークス撤退,地上波放送無しなど、年々縮小傾向の8耐ですが、ホンダ,ヤマハ,スズキ,カワサキ,ドゥカティ,BMW,アプリリア,KTMのスーパーバイクが勢揃い!ドカ勢はNEWモデル・1199Panigaleも出場(1098Rもエントリー)!?やはり、耐久レースは、MotoGPと違い、市販車ベースのホモロゲーションモデルばかりなので、若干 親しみやすい。

2505とは言え、オリンピックやレースとかの観戦は“子供らしく”観ていたらやりたくなるので、苦手。そんな感じで、例年の通り、ガレージで8時間耐久作業…。

一応、積めるだけ詰め込んで、整理はボチボチって感じです。整理だけに月に一回だけやります!

という訳で、8耐予選のポールポジションは、唯一2分7秒を切ったMONSTER ENERGY YAMAHA-YART(YZF-R1)。それをハルクプロ(CBR1000RR),ヨシムラ(GSX-R1000)が追っていく感じ!?予想は7-634-11の3連単です。ヤマハが超抜らしい…。壊れないかな~?

| | コメント (0)

2012年7月27日 (金)

阪神・松井!

25002501大リーグのレイズを戦力外となった松井秀喜外野手(38)の動向が気になるところですが、巷では、巨人ファン達の希望を込めた「巨人・松井復帰」の噂が流れていますが、個人的には「阪神・松井誕生」を推しています!

幼き日に掛布選手に憧れるあまり、友人達にそそのかされ(右バッターだった松井を打てなくする為の秘策)、掛布と同じ左バッターになった程のトラ的逸材!今こそ恩返しの時かも…。

ちなみに左画像は、地元・石川県ある「松井秀喜ベースボールミュージアム」内に展示されている幼少期の写真。何気に“右打ち”!もし、掛布を尊敬していなかったら、左の大打者・松井は誕生していなかったに違いない。

という訳で、ドラフト直後の会見で松井が述べた「『阪神に行きたい』という希望がありましたから…。」と言う言葉をボクは忘れない。いずれにしても日本球界復帰が濃厚の様なので、今後の動向に注目したい!

| | コメント (0)

2012年7月26日 (木)

Hamburger,Video Game,Motorcycle and Rock'n Roll!!

2498今日もアルファガレージ撤収に明け暮れている訳ですが、我ながら恐ろしい収納力…。基本的にクルマを止めるだけのスペースだったのですが、やっぱり色々な物を置いていました。

このガレージには、メインガレージであぶれたアウトレット的なモノが陳列していた訳ですが、基本的に要らない物は無い。逆に言えば、要らない物しかない!正確には要らない物が好きなのです。

スペースを広げれば、モノを置くのに頭は使わなくていい。反対に狭くなる時はフル回転!もはや、新ガレージ?とか妄想を抱いてしまいますが、現状を上手く楽しんでこそ趣味人!

2499という訳で、ALFRED's BRAIN(既存ガレージ)はグッズに溢れています。ブログのトップに掲げた「Hamburger,Video Game,Motorcycle and Rock'n Roll」はブレません!全てのグッズはロッケンロールを作るのに要るのんじゃい!!

| | コメント (0)

2012年7月25日 (水)

Toyota Kijang(トヨタ・キジャン)

2494
2495トヨタが世界販売で首位に返り咲く可能性が出てきた!って、トピックを目にしましたが、’70年代後半に東南アジアを中心に現地生産が行われ、様々な国で愛されたトヨタ車が画像のトヨタ・キジャン…らしい?

2496正確には、インドネシア仕様が「キジャン」,マレーシアがウンセル (Unser) ,台湾・ベトナムではゼイス (Zace), フィリピンではタマラオ(Tamaraw),インドではクオリス (Qualis),南アではコンドル (Condor)と呼ばれた発展途上国戦略車の様です。

画像の初期型(’77年式)は、ラダーフレームに平面で構成された簡素な車体,3Kエンジン(1200㏄,4気筒OHV)にT系ミッションを組み合わせた“ベタ”なトレインですが、現地でのノックダウン生産を可能とし、信頼性・耐久性ともに高そう!

2497又、画像はトラックVer.ですが、様々な架装Ver.が存在しており、スクールバス仕様とかも存在していた模様。資料によると当時、アジアで人気のあった40系ランクルの意匠を取り入れたそうですが、初期型のメーターは愛車スタウト(RK101)と共通っぽい!他にも共通部品がありそうで、愛着が湧かないでもない。

という訳で、日本では全く見掛けないマシンですが、どこか遠い国でスター選手として、プレイする日本人選手の様な感じで何と無く、誇らしい。でも、全然知らん…みたいな!

| | コメント (0)

2012年7月24日 (火)

31番…掛布さんっしょ?

24922491今朝、イチロー選手のヤンキースへの電撃移籍が発表されましたが、注目は背番号!イチローと言えば、プロ入団当初から一貫して「51」でプレイしてきましたが、ヤンキースの「51」と言えば、現在不在ながらバーニー・ウイリアムスが付けていた偉大な番号!もしかして…って、期待しましたが同選手に敬意を評し、「31」となった様です。

「31」と言えば、ミスタータイガース・掛布雅之以外に思いつかないと思いますが、イチローの「31」は彼のイメージを塗りつぶすに打って付けのビッグネームだと思います。

とは言え、左バッターボックスにストライプの「31」。どう考えても、掛布さんだ!

という訳で、最後は阪神のタテ縞「31」を着て引退する事を踏まえた31化だと勘違いしています。そして、阪神ファンのオッサンの合言葉は「松井もイチローも阪神にきたらエエねん!」。

| | コメント (0)

2012年7月23日 (月)

海だぜキャプテンズ!!

2488今日は待望の個人的な海開き!遅ればせながら夏休みの到来です。やっぱり夏といえば海…。夏なのに海に行かないなんて、春なのに桜を見に行かないのと同じだ…。

2489そんな感じで海を満喫!今日、積極的に取り組んでいたのは画像のシェルノック。落ちている流木で貝殻を打つだけの勝手なネーミングの新競技ですが、結構アツい。

同じ事をして遊んだ輩は、一杯いると思いますが、変形した流木で貝殻をジャストミートするのって難しい…。とは言え、快音と手に伝わる衝撃はか・い・か・ん(薬師丸風に)。

右画像は、ミート出来ない事にムカついてきて、木片をミート→ジャストミ~ト!→流木折れ→ゲームセットの様子。

という訳で、誰もいないビーチ専用の遊びですが、ジャストミートが決まると気分は“ホームラン・アーティスト”田淵幸一です。ちなみに右画像左下のロゴは、マイナーリーグ1Aのレイク・カントリー・キャプテンズのモノ。今日は“キャプテンズ”で海に行ってました…。テヘペロ(・ω<)☆

| | コメント (0)

2012年7月22日 (日)

8人乗り

24852486_2昨日、さらっと紹介するも気になっていたのが、インド版キャリィ『オムニ』の8シーターモデル!

普通のミニバンとかと同じく、サードシートを装備していて…ふーん。って思ってましたが、旧規格の660ベース!おそらく相当狭い…。

右画像のイメージ画像では、セカンドシートを反転し、対面レイアウトとしていますが、セカンドシートがL字!通常の後部席と変わりありませんが、サードシートの方が質感高め!

という訳で、インドでは未だ根強くカースト制度が残っている様ですが、無意識にセカンドシートに座れる様な謙虚な姿勢でありたいモンです。そう言えば、インドって、元イギリス領だから右ハンドル?

| | コメント (0)

2012年7月21日 (土)

ジ・オムニ!!

2481
2482昨日に引き続き、話題のマルチ・スズキ(インド子会社)ネタになりますが、インドで爆発的ヒット車になったのが、キャリィのインド版「Omni」!

初代~2代目キャリーをベースに独自の進化を遂げ、現代に至っているみたいですが、衝突安全ボディでない時代の“鼻ペチャ”スタイルが継承されており、実に清い。

この典型的な“軽トラ”ルックの2代目キャリィ(初代…減ったなぁ~)は、日本の町並み,農村がとても似合うマシンだったと思いますが、インドでも景色に溶け込んだ模様…。

2484又、その用途は一般用にとどまらず、救急車に採用されたり、マルチ社の政治力の強さがうかがえるところです。

それにしても、現地の広告は微笑ましい。日本では、軽トラ=商用,おじいさんの徘徊用といった位置づけですが、インドでは家族にとって大事な「ファミリーカー」の様です。

という訳で、現地でのキャリィ(オムニ)の取り扱われ方は、HPをチェック(マルチ社HP)!2バルブの水冷3気筒は796㏄まで拡大され、8シーターのモデルもラインナップされています。軽トラに8人乗り!仲のいい面子で乗れば絶対に楽しい!!

| | コメント (0)

2012年7月20日 (金)

ジプシー・キング!!

24782479スズキのインド子会社であるマルチ・スズキ・インディアのマネサール工場で従業員による暴動が発生し、死者が発生する等、大きく報道され、日本でも知られるようになった「マルチ・スズキ」ですが、不謹慎にも同社の気になるマシンを紹介します!

マルチと言えば、旧型アルトやキャリイの排気量拡大版をノックダウン生産している“貧乏臭い”イメージがありましたが、現在はスイフトやSX-4を生産したり、総生産台数が日本を上回る勢い!それら豪華ラインナップの中でも、画像のインド版ジムニー『ジプシー』が前から気になって仕方ない…。

2480そして画像は、ロングホイールベース,全長4mオーバーを誇る「キング」。『ジプシーキング』のネーミングだけでメロメロなのですが、注目はリアの荷台(荷室)部分に対面で配置されたベンチシート!雰囲気的には3人×2+前2人の8名乗車っぽいのですが、画像クローズアップの通り、間違いなく狭そう…。

という訳で、マルチ・スズキ自体、工場再開のメドがたっていなかったり、不安定な状況が続きますが、今後もインドらしい独特なマシンをリリースしていって欲しいモノです。

| | コメント (0)

2012年7月19日 (木)

赤い勝負ギター

2474
24752476先日の結婚式のプロショットがあがってきました。結婚式~披露宴では、それらしい見せ場が多数あった訳ですが、ボクと言えばやっぱりコレ!

今回は急遽、トリオ編成(シェリーふじお欠場)となった為、ボクがギター&ヴォーカルを執る事になったのですが、いかりや長介のいないドリフのコントみたいに纏りは無くてもオモロいライブは出来る!?往年のセックスヒットラー・ファンには物足りなさで一杯かも知れませんが、初見さんが多い今回の様なシチュエーションでは、マイルドなトリオ編成で良かったのかも…。

そんな感じで、シェリーには申し訳ないが、トリオ編成時の個人的楽しみは、ギター選び!今回はウェルカムボードのダイヤブロックに持たせたギターと同じく赤いソリッドギターをチョイスしてみました。2477 この赤いグヤトーン・LG-150Tについては、以前紹介(’09・2/25分参照)したと思いますが、神戸をウロついていた極貧高校生時代に憧れ、大人になってやっと手に入れたシロモノ!それを神戸で弾けたなんて最高です!

という訳で、高砂を取り囲み、新郎自ら演奏って、賛否両論だったかもしれませんが、絵柄的には判りやすかったと思います。残念なのは、バンドの歌がどれも下衆い歌詞の曲ばかりで本領を発揮できなかった事です…。やっぱり「ABCの歌」は“A,B,C,D Eカップ~♪”って、歌いたい!

| | コメント (2)

2012年7月18日 (水)

やっぱり今日の…

2472ココ最近は更新が毎日されなかったり、まとめて行ったり、今日の…詐欺な訳ですが、実際は何をやっているかというと、画像の通り、主の居なくなったアルファ・ガレージの撤収&ガレージ整理に日々追われています。

Twitterで多くのフォロワーを抱えるヘビーウォッチャーの某インターナショナル様からは、「結婚してオモろなくなったから見なくて善し」って呟くぞ!って、激励のお言葉を頂きました。確かにラブラブでっせ~なブログや赤ちゃんの成長日記的なブログはクソ面白くない(そんなブログになる予定はありませんので、ご安心下さい)。

個人的に一番嫌いなブログは、さりげに嫁が…嫁が…みたいな“幸せでっせ”をチラつかせるブログ!そんな幸せは、二人の秘め事にとどめて欲しい。どうせ書くんだったら、「この後、猛烈にパコりました」くらいのサービスが欲しい。モニターの向こうの8割は変態ですから…。

2473という訳で、引き続き ボクらしく“キャプテン・アルフレッ道”を追求していきます。ローリングストーンに苔が蒸すまでノンビリやっていきまっしょい!!やっぱり、オートバイに乗ってどこか行ったり、ライブがしたいぜッ!!

| | コメント (0)

2012年7月17日 (火)

スロットル全開!個人情報全開!

2468
2469最近は読書ウィーク!今日は『ビッグバイク~’73・国産車特集』(昭和48年5月発行)。判りやすく言えば、上画像の様な時代!

この昭和48年と言えば、後のモーターシーンに大きな影響を与えた“第一次オイルショック”の年。オイルショックが起きたのが10月なので、ギリギリ 性能を追い求めていた「いい時代」のモノ…。それ以降(現在に至る)に登場する環境性能や燃費、さらには生産効率を重視したシャバいマシンとは異なり、キラキラしたマシンばかり!

2470それ故、ライダー達もキラキラしていたっぽい!この種の古い雑誌の巻末でよく見掛ける読者の投稿はどれも熱すぎる。現代では、インターネットが普及し、悩みや不明点もすぐに判る時代になりましたが、当時はとっても“のどか”です。基本メカニズムは、現代の○○知恵袋(ウソの宝庫)や出会い系と大差ありませんが、投稿掲示板の盛り上がりが全然違う。

さらに衝撃的なのは、個人情報のオンパレード。電話番号,住所が何の躊躇いも無く晒されています。39年前に15歳だった戸塚在住の厚かましい少年(カタログ下さい?)やメグロSGに乗っていた同い又は年下狙いの17歳(現在56歳)に連絡が取れそうです!?

という訳で、フルフェイスが曇って困っている岩手の少年が現在、どうされてるか気になります。もしかしたらFacebookにいたりして…!?

| | コメント (0)

2012年7月16日 (月)

海の日ですが…

24662467巷では「海の日」だそうですが、わざわざ人が多そうな所へ行く様なノウハウは無い!平日の人が少ない海は好きですが、休日の海には萎えます。

そんな感じで、久々に三河湖に行ってみたり、川遊びに興じていた訳ですが、川って抜群に水が冷たい!しかも、山の天気って変わりやすい…。

とは言え、家から数十分で画像の様な“ザ・夏休み”な田舎に行けるのって、素晴らしい!実際の故郷(いなか)は、2471新快速が停まる街で、ちびっ子の時遊んだ思い出の場所も、駅ビルの建設中断中の空き地(土管が置いてあった!)だったり、建設途中の地下駐車場だったり、イメージしやすい“いなか”ではない。

という訳で、久々に田舎生活を満喫!こういう田園風景をスタウトで流している時って、テンション上がります!!ちなみに左画像のカブトムシは、新ホームのベランダに普通~に止まっていました!田舎って凄い…。

| | コメント (0)

2012年7月15日 (日)

TAXI仕様欲しい!

2462
24632464働くクルマに憧れるのは男の子の常ですが、以前 海外のショーで発表されて以来、気になって仕方ないのが、日産NV200のニューヨーク・タクシー仕様!

最近、トヨタの聖地である当エリアでも、見掛ける機会が増えた日産の商用バンがベースですが、例の白ボデーに樹脂バンパーを装着した“ザ・4ナンバー”なルックスでないだけで、かなりカッコいい!

良く見ると、テールゲートが観音開きだったりするのも熱い。勿論、タクシーの定番である行灯や料金メーター,間仕切り板が揃ってのカッコよさなのですが、カラーリングの力って凄い。

2465他にもFedEx仕様(欧州エリア)とかヤバイ!殆んどノーマルのパネルバンなのにカッコ良すぎる。

という訳で、NV200はノーマルでもスタイリッシュでカッコいい商用バンなのですが、カラーリング次第でもっと欧州っぽくなったりしそうです。

| | コメント (0)

2012年7月14日 (土)

RSオカモトレーシング!!

2458
24592461先日、紹介した「カスタムバイク」を巻末まで読んでいくと、見覚えのあるロゴの広告を発見!個人的には、なぜかレーサー(セミワークス)が置いてあった“街のバイク屋さん”というイメージがありますが、代表の岡本さんは元国際A級ライダー!?

現在もアプリリアの代理店として、営業されている様ですが、当時はB級ライダーとしてレース活動を行う傍ら、チューンナップパーツの製作・販売を行っていた模様…。

ちなみに上画像のTZ250のデモ車は’83年日本GPでグッドデザイン賞に輝いたらしく、チームカラーがイカしてる(RSV4もこのカラーにしてフルチューンVer.で売ればいいのに…)。

という訳で、この広告が打たれたのが、(岡本さんが)国際A級にステップアップする前という点が凄い。レースをしながら、パーツを開発?走る実験室ですな…。

| | コメント (0)

2012年7月13日 (金)

’82・モトチャンプ別冊「チューニングマシン」

2455
24562457昨日に引き続き、“チョイ古”文献を閲覧!今日のは’82年発行のモトチャンプ別冊「チューニングマシン」。

注目記事は景気の良さが伺える「クラウザーMKM1000 VS ビモータSB2」。どちらも他社エンジン流用のスペシャリティーマシンですが、当時の300万円クラスの大型車(限定解除難関時代)って、凄いステータスだったに違いない。ちなみにMKM1000のフレームって、メッサーシュミット社で手作業によって製作されたモノらしい…。

そんな感じで個人的大発見は、長年 謎だった愛車RZ250改(4L3)のフルカウルが「トガシ」製かも?って事です。不確定要素満載ながら、同カウルを装着したRZを投稿コーナーで発見!カウルよりもオーナーさんのナックモーター(横須賀の老舗!社長元気かな~?)の回し者的な革ジャンに目がいってしまいますが、取付ビス位置,ヘッドライト部やケースカバー部の成型から同じ物である事は間違い無さそう!

という訳で、オーナーさんの“カスタムバイクを造った動機”→「RZがあったから」と言う意見に共感。ボクの場合はカウル在りきですが…。

| | コメント (0)

2012年7月12日 (木)

’83・モト・チャンプ別冊「カスタムバイクSPL」より

2452
2453ここ数年オートバイの“カスタム”と言えば、ストリートカスタム的というか、バイカー的というか、走行性能云々というより、スタイル重視の物が多いと思います。

2454しかしながら、HY戦争が繰り広げられ、オートバイブームだった’80年代は様々なカスタムマシンが製作されていた模様…。参考文献は’83年発行のモト・チャンプ別冊「カスタムバイクSPL」。

そして、上画像はベース車が判らないほど、RGB化してるミスターヒロ製作のGSX400FSインパルス!現代では、ここまでしなくても中古で400㏄レプリカ(タマ数が減ってきたが…)をさがしたり、大型二輪を取って逆車のリッターレプリカを買えばいい。しかしながら、無いモノは作ってしまえ!っと、言わんばかりの当時のカスタムマシンは実に清い。完成度も高め!?クローズアップのスーパーモンキー製作・モンキーNS500レプリカの完成度なんか、後のNチビ以上!又、ダストビンカウル装着のSR400改なんて凄まじい…。

という訳で、現行の“チョイゆる”な車検制度,免許制度とは異なり、厳しいルールを掻い潜り生み出されたカスタムマシンって、どれも魅力的!何と言っても、この時代のカスタムマシンからは“オートバイ熱”をめっちゃ感じます。

| | コメント (0)

2012年7月11日 (水)

ホタホタ・コバス

2448
2449一日中、同じキーワードが脳裏を回り続ける事って、よくありますが、ここ一週間くらい寝ても冷めても右脳が左脳に囁き続けるのがキーワードが「JJコバス」!

このJJコバスとは、’80年代にWGPで名を上げたアントニオ・コバス氏が立ち上げたスペインのオートバイメーカーな訳ですが、読み方が“ジェイ・ジェイ”ではなく、スペイン語で“ホタ・ホタ”らしい…。

2451左画像の魚が東シナ海に生息する「ホタホタ・コバス」っていう魚です!って言われても、納得せざるを得ないネーミング。とてもオートバイの名前とは思えません。

とは言え、スペシャリティ・ビルダー!画像の様なエキゾチックなマシンをリリースしていました。画像はレース仕様ですが、BMW・K100の直列4気筒エンジン(通称“空飛ぶレンガ”)を軽量なオリジナル・トラスフレームに搭載した文字通りの「超レンガ」!多分、レンガの上に乗っている様な感じかも知れません。

という訳で、一般公道仕様も存在し、日本にも十数台輸入(怪しい貿易商調べ)されたそうなので、「俺、ホタホタ・コバスに乗ってるネン!」って、言ってみたいモンです!TZRのフルチューンエンジンを搭載したホタホタコバス・JY4も気になります…。

| | コメント (0)

2012年7月10日 (火)

空き缶カラカラ、あかん(缶)!

24452446先日も紹介したとおり、結婚式のベタでありながら最近あまり見掛けない“空き缶カラカラ”をやりましたが、思いの外 好評…。前日に空き缶(スチール缶がよく鳴る)を拾い集め、深夜まで作業して作っただけの甲斐ありました。

本当は装着したまま、披露宴会場まで移動しようかと思いましたが、フッ飛んでいかないか不安。道交法的に違法性はありませんが、ライダー的に空き缶が路上に落ちているのは、怖すぎる…。

そんな感じで、公道では脱着しました。落下物は落とした人の責任!思わぬトラブルには巻き込まれたくないモノです。

という訳で、外れない“空き缶カラカラ”の開発は断念しましたが、運転席から聞こえる“カラカラ”音って、とってもピースフル!是非、恥ずかしがらずにチャレンジして欲しいところです。

| | コメント (0)

2012年7月 9日 (月)

卒業

2440
2441映画「卒業」の様に、アルファスパイダーで、愛しい人のところへ向かいたいモンです…って、呟いた(’10・9/2分参照)のが懐かしいのですが、何とか車検を迎える前に一応 目標達成(結婚)!?

2442今日、アルファスパイダーから卒業しました!昨日の結婚式では、“空き缶カラカラ”をやってみたり、最後はお花を満載で帰ってきたり、最も正しいオープンカーの使い方をしたと思います。

本当はもっと色々な場所に行ったり、「股間百景」(カテゴリ参照)も撮りたかったのですが、足廻り,駆動系とかボロボロっす!エンジンが最初から超抜なのが心憎いところですが、次の車検を想像すると$$$…しかしながら、金銭的な理由で愛車を売り飛ばすなんてクソです。

最初から「独身専用機」って決めてました!このクルマに出会った時から、“空き缶カラカラ”をやったら“卒業”しようって決めてました。とは言え、正直 結婚が決まった時は未練タラタラ…。やっぱり、こんなにエロいクルマは無い。

という訳で、最終的な決断は2人乗りが手狭になった事です(深読みせずに浅読み可)。素敵な時間をありがとう。バイク人だったボクの心を揺るがせた最高のマシンでした。

| | コメント (0)

2012年7月 8日 (日)

青春の真ん中

2443
2444  「青春の真ん中」

あなたといる時 楽しいな 遠足みたいだな
あなたを思いながらギターを弾いてたら
あなたに惹かれてた

あなたとデートに行くときは 晴れるといいのにな
お菓子を買いにいく 指輪を買いにいく ドキドキしながら

行きのバスも 帰りのバスも 隣同士の席でいよう
二人の遠足 終わらない 恥じらいながら 手を取り合って

青春だ 青春だ 青春のド真ん中だ
青春に スタートも ゴールもないから

互いの言葉を信じ合い 分かり合えていても
ボタンの掛け違い見つけた時は そっと直して欲しい

チャペルの鐘が聞こえたら 集合時間さ
誓いの言葉が ふたりの点呼だよ 遠足に行こうよ

辛いことや 悲しいことは 二人で半分個にしよう
喜びは2倍になるよ 解散しないよ 死ぬまで遠足だ

青春だ 青春だ 青春のド真ん中だ
青春だ 青春だ 青春は終わらない

青春だ 青春だ 青春だ 青春だ

………………………………………………………
今日は結婚式に行って来ました。
そして歌ってきました!
誰の?って、自分の!?
結婚式で聞きたい曲…自分の!!

自分から自分へ 自分から妻へ
溢れる思い 止まらないねん!!

自分の結婚式に、この歌を歌えた事を誇りに思う。

| | コメント (3)

2012年7月 7日 (土)

のび太の結婚前夜

結婚式の前に見たい作品です!しずかちゃんのお父さんが語るシーンが好きです。

| | コメント (0)

2012年7月 6日 (金)

竜巻やヴぁs

2438
実家より…竜巻シリーズ!?シリーズ化しない事を望みます。

| | コメント (0)

2012年7月 5日 (木)

世界的にレアなアイテム

24352437画像は以前紹介(旧ブログ参照)するも、作る気になれずストックしていたダイヤブロック「白い教会」!いよいよ、使う時がやってきた?

世界的に見ても、宗教的な問題から「教会」の玩具は極めて珍しいのですが、存在感は抜群!ダイヤブロック特有のチープさもあり、狭い敷地ながら、教会ってやっぱりお題が重い!

ピースフルで人気の出そうなキットだと思いますが、カタログを追っていくと短命でカタログ落ちしていた様です。おそらく、何らかの弾圧を受けたっぽい(?)。

という訳で、結婚式のウエルカムボードには、打って付けなのですが、それ以外に遊び方が思いつかない…。日曜の朝にフィグを一杯置いてミサごっこ?やはり宗教上の問題で発禁になったのかも?

| | コメント (0)

2012年7月 4日 (水)

発見!!お宝画像?

24342433画像は写真を実家で整理していて出て来た小学校3年生くらいの時の画像!

もはやタイガースの縦じまキャップに古さを感じずにいれませんが、21年ぶりの優勝に揺れた’85年の翌年なので、みんな被ってたトレンディーアイテム(?)

さらに別の写真を見ると、側面にサインが書かれているっぽい!薄情にも誰のサインか明確に思い出せませんが、「おはようパーソナリティ」の道上洋三さんだった気もする…。

という訳で、注目は右画像のミッキートレーナーのボーイッシュな女子!実は結婚するも登場機会の少ないヨメフレッドだったりします。なんか不思議な感じ…。

| | コメント (0)

2012年7月 3日 (火)

T100 Steve McQueen SE

24312432画像は昨年発表され、世界1100台限定で発売された「Steve McQueen SE」!

今さら~?っと、言ったところですが、日本では5月に60数台が入荷したばかり。予約だけで完売してしまったそうですが、一応 ホットモデル。

T100をベースにソロシート&ラゲッジラック,スキッドプレート,スモールブラックアウトヘッドライト等を装備した特別仕様な訳ですが、映画「大脱走」に使われた軍用車がモチーフとなっている為、ベースのT100より貧乏臭い感じもしなくもない。タンクのステンシル・ロゴも雰囲気はありますが、エンブレムに比べて圧倒的に安上がりに違いない。

という訳で、本国欧州では不況と合わせて、それらの安っぽいパッケージングが不評…。個人的には、ベースのT100自体、大脱走のTR6の様に飛んだり、野山を駆け回ったりする様な軽快なイメージが涌きません。

| | コメント (0)

2012年7月 2日 (月)

イタリアン燃料計

2429
2430最近のクルマの燃料計は、インジェクション,電子制御によって、かなり正確な燃料残量を指針するみたいですが、ちょっと古いクルマの燃料計は全然 信用できません。

スタウトの燃料計については、満タンにしても半分くらいまでしかゲージが上がらない…。アルファスパイダーについては、タンク構造の特性か、減ってくるとゲージがマシンの挙動に合せてフラフラと動きます。

警告灯もご親切にピカピカ点滅するのですが、赤いインジケーターランプを走りながらチラつかせられるのって、精神的に結構ツライ!とは言え、早めの給油は良い心掛け。

という訳で、アルファについては、いつもビビって半分くらい(警告灯チラつきスタート)減っては、給油しています。

| | コメント (0)

2012年7月 1日 (日)

ロードグライド改リリーフカー

4リリーフカーと言えば、電動ゴルフカートの様なモノをイメージしがちですが、画像は京セラ・ドームのロードグライド改リリーフカー(?)。

リリーフカーというよりは、イメージキャラの八カセの愛車だそうですが、ロードグライド・サイドカーなんて渋い!着ぐるみでどうやって乗っているのか謎ですが、デュアルヘッドライトがイカしてる。

FltこのデュアルヘッドライトのFLTシリーズですが、途中ラインナップ落ちしていた時期こそありますが、’80年にAMFから独立した新生ハーレーが満を持して送り込んだ意欲作「FLT ツアーグライド」(ラバーマウント初採用)からパッと見は変わっていない隠れたロングセラーだと思います!又、特徴的なアッパーカウルは、フレームマウントする事でハンドリングの向上を狙っていたらしい…。

という訳で、小振りでお洒落なスポーツスターもいいのですが、ツーリングファミリーの方が「ハーレー乗ってるねん」って、ドヤ顔がしそう!

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »