« 忘れてないけど・・・ | トップページ | 半開き »

2012年3月23日 (金)

国内に無い理由…

2144
21452146個人的にずっと探しているマシンがマツダ・B360!小杉二郎デザインが色濃く残るイカしたフロントマスクに空冷4ストOHV・Vツイン(左画像参照)。一番カッコいいピックアップ・トラックだと思っています。

そんな感じで、昨日の中華ジープ記事を読んだ某カルト教団教祖から届いたメッセージが「ミャンマーで走っているレーベーを思い出します…」。レーベー?調べてみると、ミヤンマーのタクシーらしく、早速イニシエーション(?)を受け、リンクを辿るとB360の勇姿(正確にはB600?)!!

以前、アジアでタクシーとしてB360が使われているって聞いた事がありましたが、ミヤンマーでの普及率ぱねぇ~。とは言え、近年は国の政策で「新しい車に乗り換えよう」って、なってるそうで、旧型レーベーは減少傾向らしい。それでも、外国人観光客向けにレーベーを保護する動きもあるらしい。

そもそも、なぜにB360?って感じもしますが、’60年代に安価な大衆車として、B360の排気量拡大版・B600がアジアに大量輸出され、特にヒットしたミヤンマーでは、’73年より国内生産が終了したB360/600系の製造機械が移設され、ノックダウン生産が開始されていた模様…。しかしながら、現地ノックダウン生産開始後も、良質なMADE IN JAPANのB360/600は人気で、日本国内にあったB360/600は根こそぎミヤンマーに輸出されたとの事(貿易商談「ボロボロのヤツも片っ端から輸出した」だって!)。国内をいくら探しても無い理由を知り、ちょっとガックリ…。

2147という訳で、ミヤンマーで修行をしていた教祖から素敵な画像(左画像参照)。ミヤンマーを走る長距離バスとして、阪急バスが川西能勢口を目指していたらしい(笑)。ヤンゴン市内には尼崎市営バス!ハードコアすぎる。どおりでカルマが上がる訳だ…。それにしても、そのままの車体色に合せ、ビルマ文字が刻まれている点が熱い。“日本で使われていた”って事がステータス・シンボルなんて泣ける!

|

« 忘れてないけど・・・ | トップページ | 半開き »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忘れてないけど・・・ | トップページ | 半開き »