« ヤミックではなくサミック | トップページ | スワンだけど吸う »

2012年3月 8日 (木)

めっちゃKATANA

2107
21042105ココ最近は、例の缶コーヒーのオマケの所為で「KATANA」が気になります。先日、紹介した通り、いずれも出来がいいのですが、製作者の思い入れか、「KATANA」の出来が超抜!そして、1/43スケールのミニカーと合せてディスプレイして楽しんだりしています。

個人的に「KATANA」は、いくら『キリン』を読んでも、あまりカッコいいと思った事がないマシンの一つなのですが、鬼才ハンス・ムートが描いたイメージ画により近い’80年のケルンショーで発表されたプロトタイプ(上画像参照)は、猛烈に“刀”っぽくて、めっさカッコいい!

市販モデルと違いを探すのは容易だと思いますが、スクリーンが無くて、タンクが小さい(そしてウインカー,ミラーが無い)!スクリーンについては国内初期型も無かったのですがナニですが、タンクの存在感はマシン全体のイメージを大きく変えていると思います。「プロトタイプ=真剣,市販車=刃(は)を削がれた模造刀」くらいの隔たりを感じます…。

2106という訳で、市販Ver.に感じる滑稽さは、当時のMOTORRAD誌の表紙(画像右参照)みたいな感じ?広告については、カッコよさげな武士が“ザバッ”ってエエ感じですが、やっぱり丸みを帯びた模造刀…。プロトタイプに感じる野蛮さを感じない。そして、市販車のウインカーとミラーの存在感(笑)。デザイン画の段階でウインカーを付けなかった悪い例だと思います…。

|

« ヤミックではなくサミック | トップページ | スワンだけど吸う »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤミックではなくサミック | トップページ | スワンだけど吸う »