« 1:2 Ferrari 308GTS  | トップページ | 東京ゲートブリッジ開通!! »

2012年2月10日 (金)

プラモなら…

2021昨日はフェラーリ・308GTSのキッズカートについて紹介しましたが、コレクターアイテムな上に、実は普通にクルマが買える値段だったりします。そうなってくると気軽に買えるのは、やっぱりプラモ!

そして画像は、’05年くらい(?)にタミヤから発売された『フェラーリ・エンツォ』の1/12セミアッセンブル・モデル。これは「タミヤ1/12コレクターズクラブ」の第5弾として発売されたモノで、パーツは塗装済みながら、その名の通り“半完成品”。勿論“半”と言っても、プラモ好きにして見れば、ほぼ完成してる…。

2022作るのが苦手!面倒臭い!といった人には良さそうですが、“作っていく楽しみ”や完成した時の“充実感”がプラモの醍醐味では…って思ってたら、ついに未組立ての1/12キットが来月発売されるらしい。ちなみに左画像は同社の1/24スケールとの比較ですが、全長392mmって結構デカい。

という訳で、価格も前回の半完成品(54,600円)に比べ、リーズナブル(31,290円)な様なのでお奨めかも…。塗装や組立ての手間,完成後のクオリティなど個人の技量によっては、半完成品の方がお徳な気もしますが、あくまでプラモ!プロセスが大事です。

|

« 1:2 Ferrari 308GTS  | トップページ | 東京ゲートブリッジ開通!! »

クルマ」カテゴリの記事

コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1:2 Ferrari 308GTS  | トップページ | 東京ゲートブリッジ開通!! »