« ラブ・カセットテープ | トップページ | 今年成人を迎えました。 »

2012年1月 7日 (土)

エコカーってこういうのッ

19061907モーターショーに行っても、ハイブリットカーだのエコカーだのクソつまらんマシンのオンパレードでうんざりでしたが、北米でフォードが販売を開始したある意味エコなのが、画像のDynacorn International製ムスタング用ボディ!

昨年のSEMAショーに’65コンバーチブル用ボディが出展され、今回 正式に’65年,’67年型コンバーチブルと’67年,’69年型ファストバックの4種類が正式に発表されたらしい。

この種のレプリカボディ販売に関しては、別に珍しい事ではありませんが、「メーカー」が正式リリースしている所が素晴らしい。日産がハコスカのボディを再販する感じ?1908文化の違いと言ってしまえば、それまでですが、こういうレストア趣味が比較的メジャーカルチャーなのがアメリカの羨ましいところです。とは言え、こういうレプリカボディのポン付け(載せ?)って、味が無い様な気もする…。レストアを楽しみたいけど、錆取りや板金面倒臭い…。気持ちは判ります。

という訳で、全世界的に旧いデザインが見直されているのか、この種のレプリカや電気モーターコンバート旧車は増殖傾向。これらは旧車ファンにとって嬉しい限りなのですが、レプリカや○○風って、やっぱり微妙です。

|

« ラブ・カセットテープ | トップページ | 今年成人を迎えました。 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラブ・カセットテープ | トップページ | 今年成人を迎えました。 »