« 復活!デスグリーン・オーストリア(背番号9) | トップページ | たかみな推し »

2012年1月12日 (木)

レクサス LF-LC

1924
19251926現在 デトロイトで開催中のデトロイトモーターショー12で、レクサス・プレミアムクーペコンセプト『LF-LC』が発表されました。もうデトロイトで見たって人も多いと思います(世界基準で考えよう!)が、コンセプトモデルながら開発に1年半かけた意欲作らしい…。

このマシンは昨年末くらいからスクープ画像が出回っていましたが、一目で速そうなスポーツカーって雰囲気が伝わってきますが、どこのクルマか判りません…。

(日本人的感覚で)高級車になり切れない、何か安っぽい日本車らしいシルエットから「国産車だな」って云うのはスグに判りますが、日産なのかトヨタなのか判りません。とは言え、「これレクサスだよ」って言われると、「フロントグリルの雰囲気がトヨタっぽいねぇ~」なんて、クソみたいな意見を述べてしまいます。

その辺、外車に関しては「どう見てもベンツですけど何か?」みたいな、アイデンティティに溢れたメーカーが多い。悪く言えば、伝統を引き摺って垢抜けない旧貴族みたいな雰囲気もありますが、メーカーが一目で判るクセのあるデザインの方が個人的には惹かれます。

という訳で、まだコンセプトモデルですが、気になるのはフロントのナンバー位置(リアにはナンバー取付け有)!右画像ではセンターに「三河ナンバー」を配してみましたが、めっちゃ「日本のクルマ」って感じ…(笑)。これって、もしかして前述のアイデンティティってヤツかも?「日本車ですけど何か?」って感じ!?やっぱり、日本のナンバーは国産車が一番似合う…。

|

« 復活!デスグリーン・オーストリア(背番号9) | トップページ | たかみな推し »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 復活!デスグリーン・オーストリア(背番号9) | トップページ | たかみな推し »