« As Tears Go By | トップページ | セックスヒットラー婦人会?お疲れ様でした… »

2011年9月24日 (土)

因縁の川崎シリーズ~振り下ろされたルシファーズ・ハンマー

0026
00270029今日はライブ当日!最強助っ人、カド・サタンを加え、新生セックスヒットラーで川崎セルビアンナイトに登場。

って、言っても、先々週のリハが何ちゃってミニライブ形式だった為、真新しいユニフォームに身を包み…みたいな感じはなく、コナれた感じ。

内容はいつもと同じ様で、新曲があったり、風船飛ばしがあったり、ラジバンダリ!中々、充実していたのではないでしょうか?立て看板も大活躍!?何といっても、一番の見せ場は、上画像のシェリーふじお。ついに11年間の封印からルシファーズ・ハンマーを振り下ろしました。ギター着火からのファイヤー→バァーン。野球中継的には解説絶叫の場面に違いない。やっぱり、セクヒトはコレですなぁ~。

0028さらに注目は上画像でシェリーの後ろで逆立てた髪を振り乱すTOSHI?残念ながら新ネタのトシフレッド!ボクです。これも定番の一度引っ込み、“ボク再登場シリーズ”の一環で、過去にカート家小判 師匠(ニルヴァーナ風)、プシィー(バフィー風),レスリー・アルッコーエン(ベイシティーローラーズ)などがありましたが、今回のトシフレッドは中々の完成度だったと勘違いしています。

短時間での着替え,カツラ装着,アイメイク…。毎度の事ながら楽屋まで猛ダッシュ。実にアホ臭い。でもニヤリ!歌的には風呂場では似ていましたが…な感じ。

という訳で、川崎シリーズ②は、ちょびっと練習していったので、昨年のライブよりエエ感じやったと思います。又、子連れ狼(熊?)の呪縛から解き放たれたカド・サタンのはじけ具合にもうちょっと独身でいようと思った今日この頃…。

しか~し!今日は昨年の川崎シリーズを戦ったシャック85が無事出産(♀)!!19周年記念ライブのこの日に何とも、おめでたい話だ。「(愛娘)空気読めるじゃん」(シャック・談)。ルシファーズ・ハンマーが11年ぶりに振り下ろされたこの日、新しい生命が誕生した。このまま独身でいていいのか?って思った今日この頃だったりもする。

シャックよく頑張りました。

|

« As Tears Go By | トップページ | セックスヒットラー婦人会?お疲れ様でした… »

セックス・ヒットラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« As Tears Go By | トップページ | セックスヒットラー婦人会?お疲れ様でした… »