« 長い物に巻かれるとラク | トップページ | THE KAWASAKI TRIPLES BIBLE »

2011年5月19日 (木)

ピックアップトラック専用テント

1204
12051206_2先日の「ナカヨシホットオールズミート」では、カッコいいシェルを載っけたピックアップを見掛けましたが、やっぱりキャンパーシェルって憧れます。

基本的には汎用品やオーダーメイドが殆んどで、お金を掛ければ何とでもなりそうですが、クルマと共に時を刻んだ(っぽい?)シェルの方が断然カッコいい。

そして、上画像は、スタウトRK100(ボクのはRK101)用キャンパーシェル。何か鈍臭い!?仕事っぽさが抜けきらない所がスタウトらしい…。やはり、ダットサンやハイラックス等の乗用車的要素のあるマシンの方が似合います。忘れがちですが、スタウトは前後リーフスプリングを装着した生粋の商用車!キャンパーシェルが家畜運搬用ゲージや保健所のクルマに見えても仕方がありません。

1207又、シェルが気軽そうで気軽でないのは脱着&保管。結構、重労働だったり、保管場所も必要で煩わしい!それでもキャンパーには憧れる…。そんな輩にお奨めなのが、北米で多く流通している荷台に設営するタイプのテント(画像参照)。「折角なんだから地べたに張れば?」って、シャバい意見もありそうですが、キャンプじゃなくてキャンピングカーを楽しむならコレでしょう。

という訳で、ピックアップトラック内での車中泊を経験したことのある諸兄諸姉なら、ちょっと惹かれるアイテムだと思います。荷台長や車幅に合せてかなりの種類がある様なので、円高を活かして輸入してみるのも、いいかも…(導入検討中)。

|

« 長い物に巻かれるとラク | トップページ | THE KAWASAKI TRIPLES BIBLE »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長い物に巻かれるとラク | トップページ | THE KAWASAKI TRIPLES BIBLE »