« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

2号車発走!

1143巷ではゴールデンウィーク。休みだ!休みだ!ワーイワイっなんて、おチョけてる輩も多いと思います。ここで忘れてはいけないのが、仕事あっての休み=ゴールデンウィークという事…。

そんな感じで、ボクはゴールデンウィークどころかプラチナ・イヤーをいつも通り、満喫中!要は気持ちの持ち方です。“働いている/休んでいる”の括りは止めて、“愉しい/つまらない”で括る事にしています。だから基本的に生きていることが愉しい(嫌なことも生きているから…その次元で考えればナンくるナイ)ので、年がら年中“ゴールデン”です。

1144とは言え、雨はライダー的に凹む(ゲーマー的には凸る)。今日は日暮れから怪しげな雲行き…。でも、それはそれで愉しみ方があります。今日はオートレースの雨用勝負服(2号車)を着て、動態保存走行を続行!

これら勝負服は、レースでプロテクターを装着した重装備の上から着る物なので、革つなぎの上から着るのに丁度いい。何と言っても、バタバタいわしながら、走るとテンション上がります。急な雨にもめげずコールをキメる旧車少年達(現役かなぁ~?)に警戒されながら、ブチ走路→湿走路のミッドナイトランを愉しんでいました。

という訳で、“ンバァ~ンバァ~”って、気持ち良さそうに走っている旧車少年達に言いたいのは、下手糞なコールやめろッ…ではなく、雨の日のコールは水気を吸うので程々に!でも、びしょびしょになって仲間と走り回った思い出は永遠だったりする。一番言いたいのは、「事故るな!仲間を裏切るな!」。これに尽きる!

| | コメント (0)

2011年4月29日 (金)

M3J LEGEND KAWSON 82s LIMITED

1140昨日、紹介したカワサキ・ワークス風ツナギにぴったりのヘルメットが限定でBELLから発売(5/9~受注開始)されます。

1141BELLのクラシックモデル・M3Jをベースに「LEGEND KAWSON 82s LIMITED」として、エディー・ローソンのレプリカモデル(’82年仕様)が、150個限定で発売されるらしい。この「M3J LEGEND」のスタンダード・ラインナップにある白/緑や白/赤も、何気にローレプだったりするのですが、今回の限定モデルは、額に“Eddie”やサイドに“21”のレタリングが入っていて豪華!

そして、昨日のツナギと同様、ライムグリーンのカワサキ乗り限定といった感じ!勿論、合せたいマシンはZ1000Rな訳ですが、クラシックなシルエットを残しつつ、現代的な香りもするM3JだけにZRXの方がベストマッチかも?とは言え、コスプレが決まれば決まる程、ライディングテクニックも要求されたりするモンです。

という訳で、ライムグリーンのNinja250R(タイ・カワサキ)でコレを被っている輩を見つけ次第、コッ!プン!カ~ぁ!って、白煙を浴びせる予定です(単純にライムグリーンへの僻みなので、悪気はありません…)。それにしても現行の250㏄スポーツが、このままでいいのか大いに疑問!?40年前のニーハンにスタートから最高速に至るまで、劣っているなんて嫌すぎる。

| | コメント (0)

2011年4月28日 (木)

カワサキワークス風

1137
1138最近は日が暮れても、そんなに寒くない!これからの時期、夜の動態保存走行もご機嫌です。そして、今日はお部屋のディスプレイと化していると思われがちなカワサキのワークス風つなぎを着て、マッハ(H1B)出動!

1139

このツナギは、長きに渡り、USカワサキ系ワークスチームで採用されていたデザインで、黎明期はフォントや“K”ロゴの形が異なりますが、初採用された’69年のデイトナからローソンやレイニーがAMAで活躍していた’80年代になっても、基本的にはこのデザインです!しかしながら、このつなぎが似合うような年代のカワサキ・ロードモデルに、ライムグリーンのマシンが少ない様な気もします。

そして、オレンジのマシンにライムグリーンのつなぎ…我ながら気色悪い。やはり、ローレプとかレーシングモディファイされH1R/H2R風のマッハやKR250とか、’70~’80年代のライムグリーンのカワサキ車(しかもレーシーなヤツ)がベストマッチング!逆にそれ以外のマシンに着て乗るのは、ちょっとナンセンス?

という訳で、ある程度は世間体を気にしたりしますが、ライムグリーン自体 マシンにしてもツナギにしても、一般人的にはクレイジーだと思います(ライダー的に忘れがち!)。まぁ~そんなシャバい事 抜きにして、このツナギを着てマッハに乗ると気分は、イボン・デュハメル?和田将宏?俄然、テンション上がります。

| | コメント (0)

2011年4月27日 (水)

ちんま○方式

1134先日、知多にいった際、「衣浦海底トンネル」を通っていった訳ですが、調べてみると日本で使用されている最古(’73年開通)の“沈埋式”海底トンネルらしい…。

1135沈埋式トンネルって、あまり聴きなれない言葉ですが、地中を堀って作っていくトンネルとは異なり、複数のケーソンを海底に沈め、それらを接続していき、最終的には陸から堀下げたトンネルと排水後に連結する工法で、有名どころでは、首都高湾岸線・大井-13号地の東京港トンネル(’76年開通)が沈埋式。

いずれにしても、海底トンネルってロマンがあってワクワクします。トンネル内で渋滞とかに遭うと不安になる事もありますが、海の中を走っているのかぁ~って不思議な気分になります。

又、最近オープンカーに乗るようになってから、トンネルを走ること自体 お気に入り!“ドラえもんのタイムマシーン”的な感覚が好きです。あの“フゥァ~ぉ~フゥァ~ぉ~フゥァ~”って感じが普通車(ドラミちゃんVer.)に比べ、ダイレクトに感じられ、ちょっと遠出した時のトンネルでは映画版の大長編な気分(BGMは武田鉄也)になります。

という訳で、マシン達もトンネル内では、お風呂で歌うハナウタが気持ちいい様に、一際甲高くなるエキゾーストノートに“俺、レーシーじゃね?”ってテンションが上げているに違いない!

| | コメント (0)

2011年4月26日 (火)

疲れなかった理由はコレ

1131先日のツーリングには、所有ヘルメット唯一のスネル規格品・アライ ベクターを被っていった訳ですが、中堅グレードとは言え、現行品は快適…。

1132RZに乗る時は、ケニー・ロバーツ気分のAGVやヤーノ・サーリネン気取りのベルスターを被る事が多いのですが、“遠乗り”にヘルメットを被っていくのは、ノーヘル時代からの風習です。いつも被っているビンテージヘルは、ヘルメット風なだけで、正確には“ノーヘル扱い”だったりします(捕まらないけど、軽微な違反で捕まった時にゴネるとついでに切符きられます)。

それにしても、最近のヘルメットはやっぱり素晴らしい。高速域で帽体が持ち上がったりする事も無く、高速巡航も今までのベルやマックホールでの苦悩が笑えてくる位ラクラク…。

しかしながら、いつも感じる加速感が大幅に軽減されてしまい、エエ様な悪い様な感じ。もはやヘルメットがマシンのスペックを越えている様で、気付けばかなり危険な速度域に到達している事も…(エンジンもライダーもヘッチャラですが、タイヤの速度レンジ的にヤバ目)。

という訳で、低スペックのマシンで加速感,スピード感を感じたい人は、ビンテージヘルメットがお奨め!又、法定速度を守りたいけど開けちゃう輩は、ヘルメットの年式で耐久速度を調整してみるといいかも?そうやって考えると、AGV(’80sケニーrep.)が丁度、マシンの限界とジャストっぽい…。ガールフレンドにセーラー服のコスプレをしてもらう時は、こっちも学ラン(MAX RUGER)を着て、真っ向勝負を挑みたいモノです。マシンと対等に向き合え、一つになれたら、とてもピースフルです!

| | コメント (0)

2011年4月25日 (月)

結構 近所だ南知多!

1126
1127今日の午前中は、ヤフー天気予報が晴れにも関わらず、どちらかと言うと雨が降りそうな気配。ガレージで何をして遊ぼうか、ダラダラしていたらポツポツと雨が…(ガレージは雨音にシビア。小雨をいち早く知らせてくれます!)。

今日は“昨日のツーリングで疲れたから、オープンカーに乗ってきました。やっぱりオープンカーはラクチンですなぁ~”的なシャバい事をブログにアップする為、晴れてもらわないと具合が悪い。とは言え、想像以上に疲れていない。今日はマッハで一人「マザーロード」に行ってみる?

1130昨日 満身創痍でガレージに戻ってきたにも関わらず、車両の出し入れの際、ついマッハの動態保存走行敢行。“なぜ連れて行かなかった”って、いつもより余計に回るエンジン。それなら、今日はマッハで…。

残念ながら、晴れだしたのは昼前…。結局、予定通り、“昨日のツーリングで疲れたから、オープンカーに乗ってきました”的にアルファスパイダーで知多半島へ!あまり知多には行かないのですが、衣浦トンネルや農道を駆使すれば、南知多まで1時間程度。結構 気楽に行けます!それでいながら、いつもの三河湾とは、雰囲気の違う海辺。遠くまで来たっぽい感じ。

1129そして、昨日に続き、海鮮三昧!海老フリャーに鯛の煮付け…昨日のBBQ以降、食べるのを忘れていたので、少しくらい贅沢してもいいだろう。当然、ボク的には腹ペコでオーシャンビューのロケーションなら、何でも美味いになってしまうので、感想は優良グルメブロガーに任せておこう。

という訳で、数あるお食事処の中、偶然入ったのが「活魚の味里」!味里と書いて“みさと”…何だかなぁ~(個人的に深い意味アリ)。ロケーションは左画像の通り、伊勢湾一望です。薄っすら見える三重方面を見ながら、昨日は楽しかったなぁ~って、ライブの後の様な心地よい残尿感に浸っていました…。

| | コメント (0)

2011年4月24日 (日)

みんなとなら、遠くに行けるのさ

1122
11231124今日は、早朝からツーリング!って、健全なライダーっぽくて、ガラにも無い感じですが、伊勢志摩にあるバイカーズカフェ「マザーロード」を目指して、RZ250改(4L3)で発進!

中継ポイントでメンバーが増えていく感じ…。こういうの久しぶり!テンション上がります。とは言え、K1200R,新旧CBR,隼,MT-01,B-KING,R1,ゼファー750といった具合に、RZのリアより太いフロントタイヤのマシンばかり。しかも、日帰り1000kmをこなす様な猛者揃い。

それでも、皆さん大人!ペース的にはかなりセーブされていた模様。しかしながら、RZには丁度いい。普段、高速を開けて走る機会があまり無かったので、「もうちょっと開けてよ~♪」って、エンジンのつぶやきが聴こえてきそうな感じ。ボクの技量・根性不足もありますが、搭載されるナゾのチューンド4L3(旧ブログ参照)の底力を思い知らされました。

そして、マザーロードでは健康的にBBQ。ボクは“焼き奉行”を装い、焼く&食べるを繰り返していた為、画像はありませんが、新鮮な海鮮を沢山戴きました(こっそり…)。このマザーロードは、バイカーズカフェと名乗るだけの事あって、ウッドデッキやオープンガレージ風の店内など、とてもいい雰囲気。沢山のグループが何組も出入りし、大盛況なのも納得です。

1125という訳で、上画像はマザーロードでの集合写真(マザーロード公式BBS参照)の様子を隠し撮り!ボクの笑顔は例によってヤラセですが、他のメンバーは素のエエ顔(上段一番左・ジェイク氏の手元に注目!使い捨てカメラ!!いいなぁ~)。こういう自然なエエ顔って、今日の様なシチュエーションならではだと思います。当然、心の叫びは「生きてるって素晴らし~いッ」。そんな訳で、本日のトリップ(速度指針折れました。悪趣味ながら折れる瞬間って好きです)は“477.1km”→シ・ナ・ナ・イ!

弾けた疾走り,ヤンチャな暴走や迷走。いつもの悪人擁護の観点から、大概アリだと思っています。でも死なないのが大原則!自分の技量を把握し、自分ペースを崩さない。みんなと走る時は、普段以上に気を配りたいモンです。

| | コメント (0)

2011年4月23日 (土)

ツーリングスペシャル

1120今日は明日のツーリングに備え、RZ250改の仕様変更…。と言っても、各部増し締め,ワイヤリング施工など、大した事はしてません。とは言え、普段あまりツーリングには“行かない!行けない!お呼び出ない!”の3ナイ運動が勝手に巻き起こっている為、何かをせずにいられない…。

リッタークラスの現行スーパースポーツ乗りにしてみれば、片道200kmなんて屁のつっぱりは要らんのですが、旧車的には不安要素も多い。そして、個人的な“現行マシン”RZも、エンジン面に関しては、毎度 超抜ながら、パーツ落下,クラッチケーブル外れ等、高速ツーリングは苦手!

1121という訳で、思いの外、ワイヤリングに苦戦!早朝の浜名湖スワップミートに行けそうにありませんが、来場予定の人は目一杯楽しんできて下さい。ボクは朝から伊勢を目がけてパイ~ンって、ポケットロケットを楽しんできます。現地でのBBQも楽しみだ…。

| | コメント (0)

2011年4月22日 (金)

リエフ?

1118昨日紹介したKTM・125デューク(インド製)や一部雑誌で注目を集めるメガリ・250R(中国製)など、欧州ブランドを掲げるアジア製マシンが乱立し始めていますが、今月のオートバイ各誌の注目は『RIEJU(リエフ)』。

画像の125㏄スーパースポーツRS3を始め、セロー風やトリッカー風の125㏄マシンを豊富にラインナップしており、日本上陸が間近に控えているとの事…。

1119このリエフは、スペインの老舗オートバイメーカーとして知られる…いや、知ったかぶりをする程、手持ちの資料にないブランド!おそらく、同様にネットで検索した輩も多いと思いますが、主にレジャー,エントリー向けのモトクロスやミニバイクを生産してきたメーカーで、老舗オートバイメーカーっていうのもインチキではなさそう。

そして、搭載ユニットが伊・ミナレリ(ヤマハ傘下)製だったりする点も、この種の欧州レジャー向けミニバイクブランドにありがち。画像の「RS3」にもミナレリ製4スト水冷単気筒が搭載されている様で、同種の125㏄スーパースポーツ「YZF-R125」と同じ!ライバルメーカーにエンジンを供給(ミナレリ=ヤマハ→リエフ)?なんて疑問も浮かぶ…。

という訳で、個人的には“スペイン製”とか“スペイン・ノックダウン生産”って聞くと、何と無く 三流品のイメージが付き纏いますが、アジア製は“ちょっと~ッ”な日本人も欧州製なら“エエんちゃうの”ってなってしまうのが、一般的見解だと思います。肝心なのは実物を見て、的確に判断する事とそのマシンに愛情を注げるかどうかでしょう!

| | コメント (0)

2011年4月21日 (木)

リアル・インディアン

1115KTM125㏄スポーツ「125DUKE」の発売時期(7月~)や価格(\449,400)が発表され、待ち望んでいるファンも多いと思います。そして、カッコいいPVが公開されています!

やっぱりKTMって、お洒落です。性能的には、欧州自主規制・15psなので、PVの様な熱い走りには、かなりのテクが必要となりそうですが、普通に通勤,通学に使うには、手ごろなサイズでエエ感じ。何と言っても、1116提携企業バジャジ(インド)での生産によって実現したコストパフォーマンスが素晴らしい。

「インド製?」って、思うのが一般的な日本人の見解だと思いますが、アジア生産はタイ・ホンダしかり、タイ・カワサキしかり、結構 主流になってきました。品質的にも、一昔前の様な製品誤差が減ってきている気もします。

個人的にインド製オートバイと言えば、ロイヤルエンフィールドを筆頭に、二度と触りたくないマシンが多く、いいイメージなど一寸もないので、逆に今のインド製マシンが気になるところです。

という訳で、当ガレージに出入りしているインド人ブローカーが見せてくれたインドのオートバイ雑誌にも、面白そうなマシンがいっぱい載っていたりして、それらインドのモーターシーンからは、’80年代HY戦争時の“オートバイ熱”みたいなモノをめっちゃ感じます。がんばろう日本!

| | コメント (0)

2011年4月20日 (水)

パンク少年のバイブル?情報源?

1112画像で読んでいるのは、先日のくらがり渓谷でのフリマで“ご自由にどうぞ”って、FREEだった懐かしのDOLL誌!

DOLL誌が休刊(’09年7月)になって、久しいのですが、やはりパンク少年のバイブル!?毎月購入していた訳ではありませんが、お気に入りのバンド(エクスプロイテッドとかGBHとか…)が特集されていたり、エエ感じのジャケだとよく買っていました。1113今回、貰ってきたランシドがジャケの’95年11月号(見開き広告はハイスタ「Growing Up」発売!懐かしい…)やセックスピストルズ再結成特集の’97年2月号も、実家のどこかで眠っているかも知れません。

又、セックスヒットラーの繁忙期(’95~’98年)には、よくハコのイベント出演バンドリストをチェックして「○○が××にでる!?アイツらやるな~」とか、小っちゃく“出演バンド:セックスヒットラー”の文字を見つけてはニンマリしていました。

今から考えてみれば、極めてバカ臭いのですが、小っちゃく自分達のバンド名が載っているだけで、それなりのステータスを感じていました。さらに巻末辺りによく打たれていた「殺害塩化ビニール」の広告に1114『殺害サドンデス2』(ココから視聴可能!セックスヒットラーは23曲目)収録バンドとして、バンド名が載った時は、それはそれは値打ちをコキにコキ捲くったもんです(バンド名義だけど実際はボクの宅録による実験音楽?)。

そして、このCDを実際に購入,視聴した人が余りいなかった事も幸いして、「殺害のVAに参加しているぜ」って、熱心なパンク少年(DOLL愛読者)には、デカイ顔をしていました(シェリーふじおが…)。

という訳で、インターネットやCD-Rの普及によって、雑誌媒体への登場やコンピCDへの参加がもたらすステータスは、昔に比べ、希薄なモノになっていますが、個人的には“雑誌に載ってる=スゲー”って図式は変わりません。

↓’95年頃のランシド。影響されてモヒカンにしようと思った時期も有ります!

| | コメント (0)

2011年4月19日 (火)

売り物件!?

11111109最近は、世田谷ベースの影響か、ガレージハウスが密かなブームらしく、それっぽい物件が増えてきました。愛車と共に暮らす…やっぱり贅沢の極みです。

そして、先日 見つけたガレージハウス・ベースに最適な売り物件が画像の廃ホテル!都会ではあまり見掛けなくなった旧態然とした1Car1Room方式(勝手に命名!呼び方あるの?)で、エエ感じのヤレ具合…。

個人的には、この種の「1Car1Room方式」の如何にも“MOTELでっせ”な雰囲気が好きで、勝手にアメリカン・カルチャーを感じていたモンです。朝になって扉を開けると愛車が朝日に照らされている。はれぼったい顔で見つめあう二人…。吐き気がするほどロマンチックだぜ!

という訳で、カスタム好きのガレージ野郎にめっさお奨めの物件。仲間とシェアしたり、貸しガレージハウス(隠れ家度満点)を経営したり、妄想が膨らみます。ロケーション的にも山間部なので、マシンテストが気軽に行えて良さそう…。元が元だけに不気味な感じもしますが、不思議な魅力に溢れる建物だと思います。

| | コメント (2)

2011年4月18日 (月)

首スローダウン

1106今日はDX250のメンテナンス&動態保存デー。ここ数ヶ月、乗りっぱ…ちょっぴり片肺気味だったのを改善。

雲行きをみながら、平日限定広域農道アタック開始。今日は風も強く、肌寒かったのですが、走り出してしまえば革ジャンが心地よい感じ。

1107そして、気持ち良く、TDレーサー譲りのハンドリングマシンを楽しんでいる最中、コーナー入り口で目があったのは“生首”!防犯用か何か判りませんが、カット練習用のマネキンがコーナーに向って熱い視線を注いでいました…。

ずっと前から睨みを利かせていたっぽいのですが、気付いたのは今回が初めて!これはきっと何かのテレパシー。スローダウンを余儀なくされました。人毛を使ったマネキンだとすれば、ある種の霊的メッセージを感じなくもない。

という訳で、無事に帰ってきましたが、「うわぁ~悪趣味ッ」って足を止めなかったら、この先で事故っていたかも知れません。今後は、これから事故りそうな輩に強烈なテレパシーを放つ生首様って、崇める事にします…。それにしても、ボクが言うのもナニですが、悪趣味!でも、こういうセンス嫌いじゃないです。

| | コメント (0)

2011年4月17日 (日)

海へ山へフリーマーケット!

1102_2
1105今日は朝からラグーナ蒲郡で開催された『2&4スワップミート』に行って来ました。相変わらず出展数は少な目ですが、観覧車をバックにシーサイドなロケーションが好きです。今回はええモンをGETできませんでしたが、根気強く通い続ける事に意義が有ります。

1103そして、今日は忙しい…。11時から“くらがり渓谷”でもフリマ+イベントetc.開催!時間的にも丁度いい。9時頃にラグーナから国道473号~県道37号を通り、くらがり渓谷へ!道中 時間的なものもありますが、田舎らしい交通量。これが正常だと思います。当地のあぜ道での渋滞とか、本気でトヨタを恨みそうになります。とは言え、当地の人間の多くは、なぜかメジャーな道路が好きみたいで、必ず空いている裏道が存在するモンです。

そんな感じで、右の画像は早く着きすぎて、渓谷で黄昏ている様子。普段、こうやって森林浴なんてしないので新鮮。谷の上からバンドのリハが聴こえ、とても自由な感じ。勿論、心の叫びは「生きてるって素晴らし~いッ!」。

1104という訳で、イベントの方はフリマを中心にライブ(お気に入りの骨董屋さんのお姉さんが和太鼓!)やチェンソーアート,シンクロヨガなど盛り沢山。又、地域に根付いた飲食ブースが一杯出てて、エエ感じでした。それにしても、こんな山奥のフリマによくコレだけの人が来るなぁ~って関心します。ちなみに左画像はフリマの戦利品…。海や山のオープンエア・ドライブを満喫しましたが、フリマに行くならやっぱりトラックの方がいい!

| | コメント (0)

2011年4月16日 (土)

存在感とキャラの薄さ

1099
1100先週のジョインツ2011でやたら目に付いたのがSR!もはや原型を留めていないハードカスタムばかりなのですが、一目でそれと判るエンジンの存在感って凄い…。

おそらくコンプリート車は、HDの新車が買えるくらいのプライスかもしれませんが、何と無くフレンドリー!いい意味で“貧乏臭さ”を拭い切れないシングルユニットが、HDのカスタム車に無いファニーさを醸している様に思います。

又、HDやトラのカスタムでは、エンジンの“華やかさ”ゆえに、折角のフレームワークやペイント等の見所がスポイルされがちですが、SRのシングルユニットは絶妙…。前述のそれと一目で判る存在感を残しながらも、他のパーツを惹き立てるキャラの“薄さ”が功を奏しているに違いない!?

個人的見解ですが、この絶妙な存在感とキャラの薄さが、様々なブームにフレキシブルに対応し、長年カスタムベースとして、愛されてきた理由だと思っています。それでいながら、ビッグシングルらしい鼓動感。よく出来たエンジンです(最近のFI仕様のジェントリーさにはガッカリしましたが…)。

という訳で、街中で目にするアフターパーツをポン付けしまくった“ファッション誌に載ってる流行の服でトータルコーディネートしてみました”的なカスタムSRにはウンザリする事もありますが、画像の様なフレームから造りこまれたカスタムSRを見ると「エエやん!」って思っちゃいます。

| | コメント (0)

2011年4月15日 (金)

4・24お奨めダブルヘッダー!浜松シリーズ

10961097来週24日(日)は、『浜名湖2&4スワップミート』が浜名湖競艇東駐車場で開催されます。今回で7回目を迎えるのですが、回を重ねる度にその盛況ぶりは、浜名湖だけに“うなぎ上り”。そして今回は、やしの木がなびくナイスロケーションの対岸駐車場での開催!しかも、旧きよき「日の出スタート」。

やっぱり○時開始より、曖昧な“日の出スタート”の部品交換会の方が俄然 テンション上がります。世間が動き出す9時頃には、終了~みたいな雰囲気が実に清い…。

そして『浜名湖2&4スワップミート』の後にお奨めのイベント(?)が浜松オート!丁度、レースウィーク最終日(21~24日開催)と重なっていて、「フリマの帰りにオーバルレースを見に行ってきた」なんて、アメリカンなオートバイ好き野郎を無理クソ気取ることも可能!?

さらに今回の「東日本大震災 被災地支援オートレース」(ヒラ開催…)では、23,24日の6R発売中にチャリティーオークションが開催予定で、最終日の24日の目玉はナント“競走車”!

1098実際に使用されている現行の「セア」が出品されるそうです。勿論、始動不可(メインジェットが外されている?)仕様で、“改造等を施さない”,“公道を走らせない”といった誓約書記入が必要となるそうですが、競走車を手に入れる絶好のチャンスです(前回は○万円で落札!安い)。

という訳で、オートの方は行けそうにありませんが(行ける様だったら↑こんなおいしい情報流さない…性格悪いねん!)、この日は午後から珍しくツーリングに参加予定なので、今から遠足気分です。

| | コメント (0)

2011年4月14日 (木)

夏の風物詩

1094最近は日も長くなってきて、そのまま日が暮れてもガレージでダラダラと過ごす日が多くなってきました。又、転がっている電気ストーブも無用の長物!そして、日中は年間を通じて温暖な当ガレージでは、もう初夏…。

そんな訳で、今シーズンより採用しているのが画像で掲げている「鈴鹿8耐」のバナー。画像では切れてしまっていますが、両隣さんまで応援させてしまうロングサイズで無駄にデカイ!

1095これは昨年の8耐開催期間中にサーキットや周辺に掲げられていたそのものでそれっぽいマシンは一台も所有していませんが、俄然 お祭りムードUP!

機能的にも、レーシーな視覚効果に加え、遮蔽効果も高く、サーキット用バナーといった性質上、風通しも抜群!シャッターフルオープンで快適ガレージライフが送れそう。

という訳で、今年の夏は毎日がレースウィーク(風)!それにしても、暑苦しいデザインだ。さすが夏の風物詩!音楽をやり始めたローティーン時代の夢は、売れてレースチームを持つ事…。勿論、今でもそれが夢なのさ。

| | コメント (0)

2011年4月13日 (水)

JOINTS 2011・マッハ編

1091今日も「JOINTS 2011」から…って、こんな感じで1年間引っ張っていけそうなくらい、興味津々なマシンで一杯。それでも、個人的注目はやっぱりマッハ!

昨年のJOINTSで、今年のポスターのど真ん中に描かれた改華堂さん製作のマッハ(昨年分参照)が注目を集めていただけに、マッハ・チョッパーとかの出展はありませんでしたが、SS250ベースと思われる可愛らしいマッハ・トラッカーが出展されていました。

1092模範とも言える定番のフラットダートスタイルですが、純粋にカッコええ!又、マッハベースっていうのも、逆に当時のプライベーターみたいでエエ感じ。土埃と白煙を巻き上げながら、走っていく姿が容易に想像できます…。土の香りがするマシンってカッコいい!ちなみに左画像は当時のマッハ・トラッカー(スズキ・GTシリーズみたいにラムエアってます。ベースはH1R?)。

そして、駐車場で一際 目を惹いたのが、クローズアップのH2サイドカー!純正ルック(太陸製)なカーにアールズフォーク…。一目でカワサキ車と判るカラーリング。サイドーカーではなくサイドマシンと呼びたくなるキカイダー(キカイダー01?)な一台でした。

という訳で、普段 街中でマッハに遭遇する機会は殆どありませんが、イベント等で聞き慣れた2ストサウンドを聴くと“耳ダンボ”になります!振り返るとジムニーなんて事もありますが…。

| | コメント (0)

2011年4月12日 (火)

噂のキッスを君に…

1088_2
1089先日の『ジョインツ2011』の事をもっと掘り下げろ!って、言われがちなので、紹介するのはROUGH MOTORCYCLE GARAGEさん製作の“Rocket Hammer”!オーナー名がボードに記されていたのですが、“TOMOYA NAGASE”って、TOKIOの長瀬くんのマシン(今日、画像を見てて気付いた…)?Alfred'sピックはコレです。

’46年式のFLベースのナックルレーサーな訳ですが、どの角度から見てもカッコいい…。そして、ファンネルの向き方からそのチューン具合が気になります。近年のスーパーバイク至上主義的な輩からしてみれば、「旧いレーハーでしょ?」かもしれませんが、熟成化が進んだ1200cc版ナックルを搭載するFLの性能は侮れません。当時のカタログスペックはトップスピード・100MPH!

1090この最高速度も、988cc時代にEベースのレコードブレーカーで既に200km/h越えを果たしていたので、現実的な数値と思われ…と言った具合に、ナックルを褒めちぎっているには理由があって、この数時間後 伊勢湾岸を走るナックルを目の当たりにしたから!?

先日、紹介した通り、イベントの道中は行きも帰りもフレンドリーなバトルを楽しんでいた訳ですが、一向に追いつけなかったのが多分FLベースのちょっとチャラい感じのボバー。最初、ミラーに勢いよく走ってくる姿が白煙の中に見えたので、進路を譲るも「ゲッ!ナ゙ッグル゙~ッ」。こっち(T250)は若干余力を残しつつも、頭打ち直前。付いていくのが精一杯。さらに加速していくナックル!何だかなぁ~。

という訳で、改めて’40,50年代の米国工業製品の素晴らしさと第二次大戦の無謀さに打ちひしがれていました。コレダ号では勝ち目はありません。

| | コメント (0)

2011年4月11日 (月)

放流?物足りない…

1085
1086今日はアルファスパイダーで久々に山へ!もはや日中 街中をタラタラ走っていると暑かったりするのですが、山は肌寒くてご機嫌です。

ルート的には道の駅「つくで手作り村」を目指し、三河湖経由で帰ってくるベタなルートですが、何パターンも行き方があるので何回走っても飽きません。

前回、アルファで作手方面に行った時は、1月だったので、雪が積もっていたり、凍結しまくりで、思う存分走り込めませんでしたが、春です。ご機嫌です(2回目)!フレームの強度不足や弱目な足廻りからジェントルなコーナーワークが要求されますが、それはそれでエキサイティング。ちょっと小慣れてきました。

1087そして、右画像下は、三河湖・羽布ダムの上。クローズアップの通り、放流していましたが、イメージしていた“放流”な感じではなく、レースカーの側方排気みたいでした…。

この三河湖は、“湖”と呼ばれていますが、灌漑用として昭和38年に作られた人造湖だそうで、もはや山の景色に馴染んでいますが人が作った自然(?)。ちょっぴり不思議な感じです。

という訳で、この周辺には“残された昭和”な感じのドライブインや旅館なども営業中なので、散策してみても面白いと思います。

| | コメント (0)

2011年4月10日 (日)

JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2011

1081
1082今日は、東海エリア最大級のオートバイ・イベント「JOINTSカスタムバイクショー」に行って来ました。昨年は物販を目当てにスタウトで行きましたが、いずれもショー価格で高目なのは勉強済み。何と言っても、バイクのイベント!出展マシンや来場するマシンを見ているとバイクに“いますぐ”乗りたくなる…。

1084そんな訳で、今日のマシンはローテーションの関係でスズキ・T250。高速(伊勢湾岸)走行は久々で、以前 東名爆走中にヒューズ切れを起こして以来、街(田舎)乗り専門だったので、ちょっぴり不安。とは言え、来場車に多いカスタムHDやSRは、速度的に好敵手!伊勢湾岸では、行きも帰りもフレンドリーなバトルを繰り広げていました。6速(T250最大のセールスポイント!)全開で真っ直ぐ伸びる2本の白煙。たまには高速もエエもんです!

そんな感じで会場へ。年々 規模が大きくなっていく当イベントですが、2輪Pはぎっしり!まさにスタージス…。低迷する二輪市場がウソの様ですが、やっぱり新型のHDは少ない。そして、二輪Pを観察していて感じたのは、“薄汚いSR”の多さ。この“薄汚い”は、当然 褒め言葉なのですが、フロントドラムブレーキ時代(~’99)の旧いSRもまだまだ健在です!

そんな2輪Pで、「中(ショー)より外(一般P)見てた方が面白いわ」って言うのは、地べたに座りくっちゃべっていた連中が言っていた台詞!確かに外も濃厚なのですが、こう言う事を口に出してしまう輩は、大抵 面白くないヤツ。苔が蒸すまでそこに座ってればいい(怒)。仲間でワイワイ騒ぐのも愉しいけど、外よりも中のほうが気持ちいいに決まってる!

1083そして、中はやっぱりエエ感じでした!!今年も趣向を凝らした様々なカスタムマシンを目の当たりにし、テンション↑。それら出展マシンについては、暇な時に紹介していこうと思いますが、とりあえずカスタムHDの紹介は、HD至上主義の優良ブロガーに任せて、ボクの特注(特別注目ネ)は右画像の2台。陸王とメグロ(オートの一級車?)のカスタム車。どちらも、ボードトラックレーサーやソルトレイクレーサーを匂わせるクラシックレーシーなアプローチでカスタムされていて、好印象でした。特にメグロはFCRがセットされ、足廻りも角断面のスイングアームや前後ディスクが奢られ、とても面白そう…。

という訳で、毎回ですがこの種のカスタム系ショーを見に行くと焦る…。別にビルダー的な事を最近していませんが、何か焦る(2回目)。今日も一通り見終わり、知人に挨拶を済ませると、一目散でガレージに引き上げてきちゃいました!鉄道博物館行くの忘れてた…。

| | コメント (2)

2011年4月 9日 (土)

ファースト・サクラ

1079今日は午後から晴天!絶好の夜桜ナイターだったと思いますが、おちょけて“花見だワーイワーイ”と騒ぐ気分になれないのが本音…。

震災直後は、皆が「今、自分にできることは何か?」なんて熱くなっていたモンですが、至って震災の影響が少ない当地では、自分たちの節電が無駄な事にやっと気付き始め、より一層 震災の事が忘れ去られていっている感じ。

被災地からは、“仮設住宅入居スタート”とか、復興に向けてのバタバタ感が伝わってくる明るい知らせも多い。しかしながら、避難者が凍死したとか、ノイローゼで倒れたとか、悲しいニュースも多い!

震災から1ヶ月。今からが現実的に一番辛い時期だと思います。避難所から自立していく人々を横目に「いつまでココにいてられるの?」とか、重機がうごめき土埃が舞う被災地で、不安な気持ちになっている人も多いと思います。阪神淡路大震災の時もそんな感じでした…。「今、自分にできることは何か?」って、考えるのは今からです!

1080という訳で、近場で見つけたドライブスルー・サクラの木(左画像参照)でファースト・サクラを見ながら、阪神淡路大震災の時を思い出し、今から必要になってくるモノって何やったやろ?って考えていました。あ゙~モゾモゾする!

| | コメント (0)

2011年4月 8日 (金)

e-runner ミニスポーツ

1075
1076今日は、10万ヒットにして不人気の当ブログにコメントをくれた1098氏紹介の動画からリコメンド!そして、右画像はタジマモーターコーポレーションの『e-runner ミニスポーツ』2011年モデル(HP参照)。

1078昨日も紹介したミニカー規格のEVな訳ですが、何ともレーシーな様でキッズ用ペダルカーの様なルックスがイカす。レースマシンさながらのフロント廻り,ペンギン村が似合いそうな鳥山ワールド的なリア廻り(アルミ製スイングアーム!)がおごられ、レーサー気分で本気になって乗ったり、ふざけながら半笑いで乗ってもOKっぽい感じ…。

又、シンプルなフロントマスクも、1098氏つながりでドゥカティ・999やムルティストラーダとかのテルブランチ系デザインを連想してしまいますが、個性的でエエ感じだと思います。価格的には3,500千円とミニカーとしては高額ですが、その凝った造りから考えれば決して高くないと思います。

という訳で、上画像はエイプリルフール時に、気の利いたウソ・エピソードが浮かばずボツになった幻のEV『電動マッハ』(通称・電マ)。こんな事をしなければいけない時代が来るのか~って思うと気が重いのですが、高性能モーターによる“OFF→ON”的なエレクトリック・ダッシュが楽しめたら面白そう!勿論、バッテリーは横3列に並べたい…。

| | コメント (2)

2011年4月 7日 (木)

EVミニ!ミニカー?

1072先日、エコパの部品交換会で見掛けた気になるマシンが画像のミニ!パッと見は何の変哲も無いミニクーパーですが、エンジンルームにはモーターが二つ…EV化されている模様。

単なるEVコンバートなら、ウチのキーボード・ジャックが作ってしまったトミーカイラZZ-EV(’10・12/2分参照)の方がスゲ~っのですが、このミニの凄い所は“ミニカー登録”されている点!まさにミニにタコができたって感じ。

勿論、乗車定員が1名だったり、ミニカー法規に合わせた非力なユニットゆえに、最高速50km/hで50kmしか走れなかったりするのですが、車検不要,シートベルト不要,自動車税2,500円,任保ファミリーバイク特約適用などメリットも多い。又、搭載されるEVユニットは、あらゆる車種に応用可能との事で、エンジン再生が困難となったオールドカーのEV化も可能だとか…。

1074しかしながら、気になったのはミニカーの寸法制限。確かミニカーの寸法って、原動機付自転車の保安基準第59条に則した「全長2.5m,全幅1.3m,全高2.0m」だった様な気もしますが、ミニカーの法規なんて、どれもグレー。調べれば調べる程に、何でもありだったりしまします。

という訳で、エンジンが再生不能となったクルマをEV化で乗り続けるなんて、とってもエコロジー!もっと開発が進んで巡航距離が伸びるといいですねぇ~。

ジャックよ。もっと安くてエエのん作れ!

| | コメント (2)

2011年4月 6日 (水)

毎日、桜まつり

1070まだアルファスパイダーで一年間を過ごしていませんが、おそらくオープンカー的に一番いい時期を迎えつつあるっぽい…。

そして最近の日課は、桜の木の下でこっそり「ざるそば」からの昼寝…。何とも贅沢なひと時です。

お花見と言えば、「○○桜まつり」的な賑やかしいスポットに行って、お酒を呑みながらワイ×2,ガヤ×2やったりするのが、定番ですが、個人的には静かな場所でボケーッと好きな音楽(今日のBGMはダスティ・スプリングフィールド)を聴きながらのお花見が好きです。

そんなストイックなお花見にオープンカーは打って付け!エエ感じの桜の木を見つけて停車すれば“お花見”が成立するのだから素晴らしい。桜の花びらが車内にヒラリ…とってもピースフルな気持ちになります。

恥ずかしながら心の中での叫びは「生きてるって、めっちゃエエ感じ~」。東日本大震災があり、阪神淡路大震災の時の事を思い出す事が多くなった。普通の事が何でもありがたい…再び、強くそう思うようになっています。

| | コメント (0)

2011年4月 5日 (火)

先行輸入!

1066
1067
昨日、西海岸より届いたのが画像クローズアップの『LEGO・minifigures Series4』の3体(芸者,パンクロッカー,危険物処理班)。これらは日本のガチャガチャでも、5月に発売予定となっているのですが、震災→原発放射能漏れ等の問題からその発売が中止?延期?の危機らしい…。確かに危険物処理班はちょっと不味いかもしれません。

1069という訳で、ガセの多い情報屋にアジられ、緊急輸入!そして、西海岸は近い。悪らつなヤフオク出品者よりも早く届いたりするモンです。

そして、この第四弾の注目は、やはり「パンクロッカー」のモヒカンヘアーと付属する正規のレゴでは初と思われるギターでしょう!

まずモヒカンは、画像では判り難かったのですが、(レゴの)タイヤに使う様なゴム素材で、頭のポッチに差し込む様に固定します。それ故に旧世代のフィグヘッドには装着できませんが、中々のフィット感でしっかり固定できます。

1068ギターの方は、既に所有していたレゴ規格のギター(海賊版)が中国製の通販物ギターに思えるくらい質感が高く、フィグの手にもパチッと馴染むレゴらしいホールド感。やっぱり正規物は全然違う。とは言え、海賊版には背面にポッチがあったり、フレットがしっかり造形されている点など秀逸な部分も多い。

という訳で、右画像は楽屋でのあるあるネタ(?)。メンバーにモヒカンが在籍していた事はありませんが、タイバンにはよくいたモンです。最盛期には、個室楽屋がなぜか割り当てられていた為、タイバンと触れ合う機会が減ってしまいましたが、黎明期には如何にもヤバそうな連中と歯車の噛み合わないロック談義をよくしていました…。

| | コメント (0)

2011年4月 4日 (月)

CAFE OCEAN

1063
1064以前から気になっていた幡豆の「Cafe Ocean」(HP参照)が今月1日に再オープンしたらしく、久々の登場となるH1Bで行ってきました。

この「Cafe Ocean」の“ウリ”は、何と言っても自家栽培された無農薬の野菜とお米,無添加調味料を中心に構成された創作料理!そして、それらのメニューは地元・幡豆の自然からインスピレーションを受けて作ったというのだから素晴らしい。

グルメでも何でもないジャンキーのボクでも、野菜が美味い事に気付く程、新鮮さが伝わってきます!当然、普段のアンチ・グルメ的な発想でいっても、穏やかな三河湾を望むデッキで、潮風に当たりながら、キュートなチャンネーが作った料理…美味いに決まってる。やっぱり、このロケーション最高です!

1065デッキからは前述の通り、三河湾が一望でき、三河湾に浮かぶ島々や渥美半島,知多半島がよく見えるのですが、陽炎によって実在しない島や建物が見えている事も多いらしい…。実際に渥美方面に鉄塔が2本見えていましたが、本当は一本らしい(スタッフ談)。

という訳で、陽炎ってちょっと気持ち悪いのですが、日によって景色が可変するなんて興味深い。そんな素敵な景色と新鮮な野菜を使った料理に出会えるお店なので、めっちゃお奨めです!

| | コメント (0)

2011年4月 3日 (日)

旅人風…

10601061今日は早朝より、エコパで開催されていた部品交換会に行ってきました。8時頃に到着しましたが、ちょっと出遅れたっぽい(7時半ゲートオープンですが…)!

出店準備に群がるオーディエンス。低迷の一途を辿る二輪業界ですが、この勢いは一向に衰えない。さすがポンポンのふるさと!かつて天竜川で行われていた部品交換会の規模のデカさには、関西から遠征してきては、毎回 度肝を抜かれたモンです。

とは言え、最近はユニック付トラックに車両満載でやってくる業者さんや買い付けにやってくるブローカー的な輩の姿が減ってきて寂しい限り…。

又、昔から安くで買ったモンを別のフリマで捌く、狡い輩は多くいましたが、最近はネットオークションで転売な輩が多いみたいです。今日はたまたま、そういった「ネットブローカーVS未だに“アンチ・インターネット”な出店者」の激突に直面!どうやら、好意で安く出していたパーツをプレミアムな価格で売っていた事が発覚したらしい。“そんなの出店者がネットで売らない方が悪いやん?”っていうのが、現代的な見解かもしれませんが、今日は「パーツ即売会」で無く「部品交換会」!ある程度の配慮が必要なのは言うまでも無い。

という訳で、“ゼロハリあるけど、ヤフオクで売れるかなぁ~”なんて携帯しているオッサンがいたので、画像の通り、抑えてきました!さらに空っぽのゼロハリなんて、寂しすぎるので、前から気になっていた中華・6連ラッパ(激安)も購入…。

ちなみに画像クローズアップは、フリマの様子を適当に撮影したモノでしたが、いつも気さくに声を掛けてくれるヘビーウォッチャー・1098氏とお友達のAuthentic-C102氏が映りこんでいました。さらに一番右にいるおっちゃんは、15年来の名前も知らない顔見知り!

| | コメント (0)

2011年4月 2日 (土)

これなら現場に行きやすいのに…

1054
1055昨日はエイプリルフールでした。今日は、大小さまざまなウソの後処理に追われた人もいるはず…。ボクも『ラビット復刻!』(4/1分参照)なんて、軽はずみにブログを更新しましたが、周囲の反応は「へぇ~そうなんや」って、軽いノリ(←こういうのが後に大惨事を招く?)。

例によって、海外でも様々なインチキNEWモデルが一時的に登場した訳ですが、お気に入りは画像のBMWのM3ピックアップ!これはエイプリルフールの為にワンオフ製作されたマシンだそうで、ニュルブルクリンクを事前にテスト走行したり、かなり悪ノリ…!

“これなら気兼ねなく現場に乗っていけるぜ”って、思った土木関係役員も多いはず。 個人的には、この種の荷台が小さいスポーツピックの使い方が判らない(センスが無い…トホホ)ので、“セダンの方がエエやん”なんて、シャバい事を言ってしまいがちですが、それなりに需要はあると思います。

という訳で、愚鈍なメディアによって、事前にエイプリルフール仕様である事が報じられてしまったのが残念でならないのですが、意外と市場の反応を確かめたりしているのかも知れません?

| | コメント (0)

2011年4月 1日 (金)

祝・100,000ヒット

1051
1052今日はついに当ブログのアクセス数が100,000ヒットを迎えました。ヘビーウォッチャーの諸兄諸姉から一見さんまで本当にありがとうございます。

川相の送りバントの如く、地味に毎日更新し続けた甲斐がありました。実は旧ブログからだと、ちょっと前に累計15万ヒットを達成していましたが、やっぱりカウンター在りきです!

ボクを取り巻く環境が、さほど変化した訳ではありませんが、イベントに行ったりすると「ブログの…」って、声を掛けていただける機会が増えたのは嬉しい限りです。勿論、友好的な人もいれば、そうでない人もいると思いますが、「ブログ見てるぜ」って言ってもらえるとテンション上がります。

1053本当はアクセスアップの対策を講じて、色々とやれば良いのですが、元来 身内やライブに来てくれたお客さん向けに始めたブログなので、今後も前述の川相の送りバントの如く、地味に更新し続けたいと思っています。

という訳で、東日本大震災もあり、暗いニュースが多いのですが、アクセス地域解析によると着々と宮城・福島勢からのアクセスも戻ってきている様なので、引き続きくだらない情報を垂れ流していく事にします。ローリングストーンに苔がむすまで、ケセラセラ~とレット・イット・ビーにやっていきます。押しながら忍んでいく“押忍”の精神で少しずつ…。

| | コメント (0)

復刻ラビット!

1046
1050以前からウワサされていたラビットの復刻版が登場するらしい…。ラビットと言えば、スバルでお馴染みの富士重工が’70年代まで生産されていたスクーターですが、スバルがトヨタ傘下となり、同じくトヨタ系企業・ヤマハの台湾現地法人・台灣山葉機車から登場する模様。

エンジンやフレームは、VINO125がベースとなっている様で、乾燥重量や軸間距離からサイズ的にもほぼオリジナルに近いっぽい。残念ながら流体トルクコンバーターではなく、一般的なCVT無段変速のみの様ですが、スーパーフロー復活!?

又、画像にはありませんが、待望のメットIN機構がシート下に追加されているらしく、タンデムシート下に燃料タンクが配置されているそうです。

という訳で、兎年にラビット復活!?何とも粋な計らいだ。ッて言うか、台湾にも干支があるのか、ちょっとナゾですが、今から楽しみです。樹脂ボディだったら嫌だなぁ~。

↑エイプリルフールってやつですわ(4/2追記)

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »