« 乗り(載り)続けることを誇りに思う | トップページ | ヒゲフレッド »

2011年2月17日 (木)

Take a Voyage

0928_ride
09290930廃刊や隔月化が相次ぐオートバイ雑誌の中で、独自の紙面構成や東本昌平先生の描き下ろし漫画によって、根強い人気を誇る『RIDE』の最新号を買ってみました!

この『RIDE』誌は、当ブログのヘビーウォッチャーであり、中二・中三な関係から頭の上がらないニンブ・インターナショナル氏がコラムを書いていたり、同誌イベントの手伝いをしていたにも関わらず、買うのは初めて…(S村編集長殿、申し訳ありません)。

何と言っても、今号の表紙・描き下ろし漫画が『陸王』!!その描き下ろし漫画“Take a Voyage”がボクの心に突き刺さる作品。昔、チョロっと紹介(’09・5/1分参照)するも、依然 放置状態となっている「陸王・RT-Ⅱ」を抱えているだけに、とても切ない気持ちになりました。あまり作品の内容に触れるのはご法度ですが、ボクの陸王も“私は忘れ去られているのでしょうか”って、嘆いているに違いない…。

実は、ボクの陸王にも作品と同じく素敵な歴史がある。

0931ボクが3オーナー目になるのですが、最初のオーナーは、多くのRIDE読者と同様、ロングツーリング(このマシンで日本一周!ハンドルに付けられた自作のマップ台&ライトはその名残)を好むライダーだったらしく、ツーリングのスタートとゴールは決まって近所の喫茶店だったらしい。

そして、ある日ツーリングを終え、マスターにポツリ…“この喫茶店にワシのマシン飾ってくれへん?もらってや!”。あれ程、愛したマシンをなぜ?って、マスターは思ったらしいのですが、達成感に満ち溢れたオーナーを察して、“死ぬまでコーヒーロハ(只=ただ=0円)でドヤ?”って交換条件を提示→交渉成立!しかしながら、数週間,数ヶ月たっても、前オーナーが姿を現すこと無く、心配になったマスターがお家に訪ねると、陸王を駆る勇ましい前オーナーの姿は無く、既に病床に臥せていたそうです。残念ながら、最後のツーリングから半年で息を引き取られたらしい…。

月日は流れ、喫茶店の看板として定着し始めた’95年1月。未曾有の阪神淡路大震災…。喫茶店は全壊。2階に住んでいたマスターに怪我は無かったものの、1階の店舗はペッチャンコ。そして陸王は…割れたガラスまみれになりながらも、外側にゴロンって倒れて、ウインドスクリーンが割れていただけだったらしい。その後、喫茶店は再開される事無く、倉庫で眠る陸王。いよいよ、ボク登場★。この時、ボクは第二頚椎を骨折し、リハビリに励…って、長くなってきたので、続きはマシンが“公道復活”みたいな時に取っておきます。その方がエエに違いない!?

という訳で、東本先生の作品にインスパイヤされ、陸王復活への意欲が湧いてきました!まだまだ時間が掛かりますが、いつか この陸王でRIDEの集会やイベントに参加したいと思います。ボクにとって、この陸王が直るまではリハビリ中みたいなモンです!「もう一度、オートバイに乗ってやる」って、ボクを奮い立たせたのが、このマシンだから…。

|

« 乗り(載り)続けることを誇りに思う | トップページ | ヒゲフレッド »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乗り(載り)続けることを誇りに思う | トップページ | ヒゲフレッド »