« 海賊王になる | トップページ | Take a Voyage »

2011年2月16日 (水)

乗り(載り)続けることを誇りに思う

0925_ride
09260927先週のフリマで見つけたのが、10数年前 ベスパ乗りのバイブルだった『ベスパ!ビバーチェ・Vol.12』(’99年・スタジオタッククリエイティブ)。

映画「さらば青春の光」ジミー・レプリカ(ランブレッタ・Li-3)の表紙に見覚えのある諸兄諸姉も多いと思います。そして、個人的な注目は読者紹介?スクーター乗り紹介?のページ!!
「キャプテン・アルフレッド 20歳 芦屋市・音楽家」
今も所有するラビットS301Bに跨ったボクが、ばっちり載ってます。これは当時(’98・夏)つるんでいたモッズ連中に連れられ、大阪城公園で撮影を行ったものですが、めっちゃ懐かしい!

今と変わらず、図々しく“音楽家”を名乗っていたり(当時は月2本のレギュラーライブをこなしていたので、今より音楽家してたかも…)、OWNER DETAILS①の“乗るキッカケ”が「ベスパはモッズぽくて、ラビットはパンクぽかったから」とかは、我ながらボクらしい…。

“出没スポット”⑫が「元町高架下3~7」だったりしますが、⑭の「値段の下がらない珍しいスクーターを集め、貯蓄しよう」とかは、現在 掲げている『下取りよりも増車しろ』に通じていたりします。勿論、海とカレーとおデコのひろい子が好きなのも変わらないぜぇ~。とは言え、小学生の時の文集や他人に書いたプロフィール帳を見ている様で、恥ずかしかったりもする。何と言っても、SCOOTER DETAILS①“マシンの名前”が「みか」ですから…。

という訳で、当時掲げた「ハイドロをいれて、ウーファーを付ける」(注・ビグスクのブームはもうちょっと後。先見の明あり?)や22世紀風カスタムは敢行されていませんが、同じマシンに乗り続けている事を誇りに思い、ムック本ゆえに捨てられる事無く、残っていくであろうこの『ベスパ!ビバーチェ・Vol.12』に載り続ける事を誇りに思います。

PS:現在、ヤフオクに出品されているランブレッタは表紙のマシン?(50万円←最低落札価格に達していません

|

« 海賊王になる | トップページ | Take a Voyage »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海賊王になる | トップページ | Take a Voyage »