« 雪道ラン~中華ジープ編 | トップページ | インチキ募集人? »

2011年1月17日 (月)

地震の教訓

0837今日は16年前に阪神淡路大震災が発生した忘れられない日。個人的には当時(17歳!)、芦屋に住んでいたのでモロ被災者。

とは言え、仲間にはお家が全壊した者,怪我をした者,命を失った者…など自分より、もっと大変な目に会った人しか周りにいなかったので、自分が“被災者”という意識は一切ありませんでした。それでも、プレハブの仮設校舎で過ごした高3,水・ガス無し生活など結構 被災者!?

又、お家の方は、一部損壊だったのですが、お部屋の中はグッチャグチャ。当時から既に今と何ら変わらないガヤガヤした部屋だったので、棚が倒れたり、TVがブッ飛んだりして、部屋から出られなかった…(前の日に作ったタミヤの『ニューマン・ハースKマート テキサコローラ』一発全損)。

オートバイに関しては、今より多い20数台(部品取り車除く!個人的ラビットブーム最盛期)所有していた訳ですが、ズラリと並べたラビット10数台は耳(タンデムフットレスト)をぶつけ合いながら、何事も無かったかの様に10数センチ前進…(未舗装路に停める事を前提に設計されたであろうラビットのセンタースタンドは素晴らしい!)。その他サイドスタンド組は、見事に将棋倒しになっていましたが、狭いスペース保管と部品取りのモトラ(水没車)に支えられ、転倒を免れていました。そして、特筆したいのはレーシングスタンド掛けで停めて置いたマシン(RS125・スポークホイール最終型,NSR250R’88改レーサー)。前述のラビットと同様、数センチの移動のみで無傷でした。

0839という訳で、あの地震で学んだオートバイ保管の地震対策は、センタースタンドorレーシングスタンド(置くだけのモノはNG)掛け!さらに重要なのは一杯、所有する事。キチキチに詰めれば倒れることは無い…。しかも、緊急車両として台数があれば、きっと役立つはず!オートバイの機動力。防災時には欠かせません。

|

« 雪道ラン~中華ジープ編 | トップページ | インチキ募集人? »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪道ラン~中華ジープ編 | トップページ | インチキ募集人? »