« 手ぶらで海に行こう | トップページ | 殉国七士廟を前に »

2010年8月14日 (土)

リハまじめにやろう

0377色々と昔のライブVTRを整理しているとリハの映像が残っていたりしてして面白い…。ライブの記憶は、ココで如何こうって結構 覚えていたりしますが、リハの記憶なんて全然ない。

素人のバンドの場合、アクター側云々よりPA側の音作り的な意味合いが大きいと思いますが、個人的に昔は初対面となるタイバンとの面通し的なモンだと勘違いしていました。「俺たちはコレくらいの音だすぜッ」みたいな…。

それ故にタイバンのリハを観て、「ヤベぇ~こいつらスゲぇ」→本番は気合いれなきゃって、勝手に奮い立ったモンです。今思えば、アホ臭いのですが、タイバンには野心に満ち溢れたバンドが多かったので、本番以上に緊迫感のあるステージが多かったと思います。

とは言え、セックスヒットラーのリハは、メンバーが集合時間に揃わない事が多く、PAさん的にはサイテー!頭を下げ捲くっていた苦い記憶があります…。画像右上クローズアップみたいなシェリーとボクの二人でリハっていう危機的状況もよくありました(苦笑)。

という訳で、リハは重要なのでまじめにやろう。ちゃんとやれば、きっとPAさんが本番でいい音を作ってくれるはず!又、激しいパフォーマンスを繰り広げるフロントマンは、モニターのどの辺くらいまで転がっていったらハウるとか、飛び跳ねたりした時のドラムセットとかの間合いとか、ステージの構造を知る意味でリハからローディーさんに怒られない程度に弾けていこう。

↓ベイサイドジェニーでの初ライブのリハ映像。遅刻常習犯マルさん(Dr)もスタンバイしてます!

|

« 手ぶらで海に行こう | トップページ | 殉国七士廟を前に »

セックス・ヒットラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手ぶらで海に行こう | トップページ | 殉国七士廟を前に »