« トースター | トップページ | エドモンド本田 »

2009年10月20日 (火)

一家に一本

Img_9893入手したNES(北米版ファミコン)1ロットには、ソフトが数十本付属してきた訳ですが、当然ダブりが数種類ありました。

その中でも、5個もダブっていたのが「スーパーマリオ/ダックハント」(画像右下参照)の2in1ソフト!日本ではこの種の“~in1”と言えば、アジア製の海賊版ソフトをイメージしてしまいますが、コレは正規商品で、NESの本体に付属してくるオマケのソフトです(Action setのみで、Deluxe Setには付かない)。

それ故に本体の数に限りなく近い数が出回っていると思われ、5本ダブっていても不思議ではない…。

又、この種のセット販売は日本では、少ないのですが、北米ではゲームボーイ(テトリス付)やマスターシステム(『アレックスキッド』内蔵)など、よくある手法ですぐに遊べる点は、素晴らしい。とは言え、如何にもクリスマス商品的で溢れる商魂を感じます。

という訳で、このソフト1本で無駄に数時間過ごしてしまいました…。やはり任天堂は面白い!“万人受けとはこういうモンだ”というのを、このソフトから熱烈に感じてしまいました。とは言え、個人的には、みんなで「ワ~イワ~イ」な任天堂の雰囲気よりも、サードパーティー無しで孤軍奮闘したセガ(SG1000~マスターシステム時代)の硬派な雰囲気に昔から惹かれます。『セガ=アーケード(ゲーセン)=不良』の幼き日に勝手に描いた図式が、今も根付いています…。

|

« トースター | トップページ | エドモンド本田 »

ゲーム」カテゴリの記事

コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トースター | トップページ | エドモンド本田 »