« くつろぎスペース復活 | トップページ | 一家に一本 »

2009年10月19日 (月)

トースター

Img_9892以前紹介した北米版ファミコン・NESの動作確認を行っていましたが、3台ある内の1台が接触不良のせいか、上手く起動せず電源ランプが点滅。画面も国内版のエラーにありがちな灰色一色では無く、ピンク(?)の画面がスクロールする不思議な状態…。

ファミコンのエラーと言えば、当時みんなやった“ふゥ~っ!!”が定番だったと思いますが、『トースター』と呼ばれる北米版では、カートリッジスロットが奥まった部分にある為、前述の方法では、余計に湿気がたまり、駄目になりそう!

という訳で、分解してみました。別にPC用のエアスプレーを使い、接点復活剤を吹き付ければ、開ける必要はないのですが、『トースター』の中身が気になる…。

そして、画像の通り、本体裏のスクリュ6本を外せば、上半分が綺麗に外れ、国内版に比べて、整備性は素晴らしい。又、トースターと呼ばれる由縁のカートリッジスロット部分内部は金属板で覆われていて、如何にもトースターっぽい。

結局、簡単な清掃で復活しましたが、色々調べたところ、電源ランプ点滅エラーの多くは、『NES10』と呼ばれる海賊版対策回路の誤作動で、これらはNES特有の欠陥らしい…。

|

« くつろぎスペース復活 | トップページ | 一家に一本 »

ゲーム」カテゴリの記事

コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くつろぎスペース復活 | トップページ | 一家に一本 »