« フサベル | トップページ | 輸入成功! »

2009年9月19日 (土)

国産車とアメ車

Img_9862今日は体調を崩し、お家で引きこもり…。
しかしながら、本を読んだり、研究を進めたりするには絶好の機会!

最近は、めっきりアーケード大型筐体の虜な訳ですが、所有する『PRO MONACO GP 』(音声基盤を現在輸入中。9/10分参照)について調べていると、筐体にハンドル,シフトレバー,ペダルを備えた所謂“レース筐体”の歴史は古く、その種類の多さに興味は倍増…。

そして、気付いたのは、’80sレース筐体の国産車とアメ車の違い!セガやタイトーが“左手シフト”なのに対し、アタリやミッドウェイ等のアメリカ勢は、“右手シフト”となっています。
フォーミュラーカーという点では、“右手シフト”が正しいと思われますが、それらのリアリティー云々というよりは、右ハンドル/左ハンドルの関係から、自然な流れでこうなっていたのかもしれません。おそらくモナコGPをプレイした当時のアメリカ人は、違和感を感じまくりだったに違いない。

ゲームで違和感を感じると言えば、北米NES版のファミスタ『RBI Baseball』!音楽や内容は全く同じですが、球団名や選手が大リーグ,カウント表示がB・S・O,球速表示がマイル…と北米仕様の国産車と同様、エエ感じな違和感を感じます…!

|

« フサベル | トップページ | 輸入成功! »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フサベル | トップページ | 輸入成功! »