« かつてマ○コと呼ばれていたテープ… | トップページ | 欲しい物は大抵デカい物? »

2009年9月25日 (金)

人生は終わり無き戦い

Img_9868以前、入手したブロック崩し筐体の微調整も完了し、時間を忘れプレイしている訳ですが、単純ながら実に難しい…。

内容的には『アタリ・ブレイクアウト』ルールに則った一番上まで玉が達するとバー(自機)が小さくなるタイプで、一定回数跳ね返すとバウンド方向が替わります。そして、余りにも難しかったので設定速度を少し遅くしましたが、2面クリアがやっと…。

それにしても、エンディングという概念が無かった時代のゲームは、とても無機質。モノによっては、勝手なストーリーを妄想したりする事も可能ですが、何の為にブロックを崩しているのか判らないまま、ただひたすら玉を打ち返す…。

大げさに言えば、人生に似ている。「何の為に生きているの?」と聞かれても即答は難しい。又、特定のゴール(エンディング)が無いところも、ある意味人間臭い!事業に成功したり、大金持ちになってもエンディングではない。ハイスコアを残して死んでいくのが目標!?実に清いのです。深いなぁ~!

|

« かつてマ○コと呼ばれていたテープ… | トップページ | 欲しい物は大抵デカい物? »

ゲーム」カテゴリの記事

コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かつてマ○コと呼ばれていたテープ… | トップページ | 欲しい物は大抵デカい物? »