« 9,000rpmの叫び | トップページ | 憧れの引越しスタイル »

2009年7月 6日 (月)

のび太のクセに生意気だぞ

Img_9787梅雨真っ盛りのこの時期、晴れ間を縫ってオートバイに乗っている訳ですが、ガレージ内は荷物が満載…。という訳で、専らメインは手前で出し易いNEWマシン・AX125!

昨日に引き続き、様々な乗り方をしてみましたが、高回転を多用する為、全開走行を続けていると結構疲れます。特にフートレストからの振動が酷く、これはエンジンを吊り下げる様なダイヤモンドフレーム(DXはダブルクレードル)の所為かもしれません。

とは言え、これらの振動はマッハやハスラーに比べれば、なんて事は無いレベル!あくまで“ヤマハの割りに”というだけで、ジャイアンで云うところの『のび太のクセに生意気だぞ』みたいなニュアンスです。

それにしても、このAXが当時、どの様な位置付けのマシンだったのか、気になります。YZF-R1(RX350,DX250)に対してのYZF-R6的なマシンだったのか、免許区分の違いからRZV500に対してのTZR250的なマシンだったのか、少しイメージし難いところです。個人的な感想としては、FZR400に対してのFZR250みたいで、DX250に比べてパワーは無いけど、エンジンが回る分 面白いといった感じです。少なくとも“お金が無いから…”といった『貧タレ・マシン』では無さそう!?

|

« 9,000rpmの叫び | トップページ | 憧れの引越しスタイル »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9,000rpmの叫び | トップページ | 憧れの引越しスタイル »