« Keep Only One Love | トップページ | 通天閣…いつまでも変わらない永遠のシンボル »

2009年3月22日 (日)

大阪モーターサイクルショー

R1今日は、インテックス大阪で開催された「大阪モーターサイクルショー」に行って来ました。例年、東京の前哨戦とも言えるこのショーは、会場規模も東京に比べ狭く、大阪未出展の海外メーカー等もあり、若干興醒めします…。

それでも、国内発売を間近に控えた「V-max」を大きくフューチャーリングしたヤマハブースは、同じく’09NEWモデルの「YZF-R1」と併せて、大盛況でした。

その中でも、個人的に注目は、「YZF-R1・国内仕様」!正式発表は未だされていませんが、V-maxと同様、ヤマハと密接な関係にある輸入代理店プレストが早々に取扱い中止を発表していただけに、YZF-R1が国内発売されるのは誰もが知るところ…。

そして、今回ステージ上に飾られたR1には、その下でみんなが群がり,跨っていた欧州仕様に付いていない、加速騒音対策と思われるカバー(画像右下参照)が装着されていて、ステージ上に手を伸ばして、フレーム№を撮影してみると、ハーネスが邪魔で判り難いですが、逆車と違い『JYA~』で始まっていません(画像左下参照)!又、スイングアームには、日本語表記の指定空気圧表示が貼られており、もしかしたら既に型式認定を受けているのかも知れません。

と言う訳で、この様なショーでタンクやカウルへの傷などお構いなしで跨る輩には、毎回心を痛めますが、最近のショーで一番悲しいのは、カメラ付き携帯でかなり接近してキャンギャルを撮影する輩の存在です。勿論、そんな輩は見つけ次第、逆にカメラで撮影しちゃいます(怒られるので注意してやろう)。

|

« Keep Only One Love | トップページ | 通天閣…いつまでも変わらない永遠のシンボル »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Keep Only One Love | トップページ | 通天閣…いつまでも変わらない永遠のシンボル »