« 78年経つと、こうなりました。 | トップページ | テスコ・TRH-1 »

2009年2月20日 (金)

PERFORMANCE PORTFOLIO

Img_8135この時季は、オートバイで遠出する事も無く、机上ライダーと化している輩も多いと思います(ボクもその一人…?)。

そして、今日 紹介するのは、英・Brooklands Booksの『PERFORMANCE PORTFOLIO』。これは、各モデルの変遷を、当時の雑誌・インプレッションで追っていくというスクラップブック的なモノで、ビンセント,BSA,ノートン,トライアンフ等の英国名車シリーズの他に、日本車も多くラインナップしています。

又、それら日本車のチョイスが、英国人的(?)なのか、ちょっぴりマニアック。しかも、「CBX1000」や「GT750」が、「Z1」や「CB750」と同じボリュームで一冊として、取り扱われている点が凄い。そして、所有する「カワサキ500&750トリプル」と「RD350&400」も同じ“分厚さ”です!これらの“扱いの平等化”は日本では少しありえないので、少し微笑ましい…。

この2冊は、DX250を入手した時に購入した物ですが、“マッハ本”の方は所有してもいないのに『将来的に乗るマシンだ』と決め付け、ついでに買っちゃいました。結局、“マッハ本”の方は、実際にマッハを入手するまで、殆ど読む機会はありませんでしたが、今ではフェイバリットな一冊です!

とは言え、これらの洋書は『将来的に英語が判っているだろう』と、入手してきましたが、未だに写真や図を見て“フンフン…ヘェ~”といった感じです。それでも、理解できる日が必ずやってくるだろう?と、「ハワイ太宰府天満宮」の御守り(1/31分参照)を握り締めています…。

|

« 78年経つと、こうなりました。 | トップページ | テスコ・TRH-1 »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 78年経つと、こうなりました。 | トップページ | テスコ・TRH-1 »