« 今日のキャプテン・ア“ウクレット” | トップページ | ブタの貯金箱 »

2009年2月 5日 (木)

BMWのスクーター?

Img_8017BMWのオートバイと言えば、空冷水平対抗2気筒の“Boxer”エンジンにシャフトドライブのイメージが一般的には強いと思いますが、最近のBMWは貫いてきた合理主義に揺らぎが生じてきたのか、普通っぽいモデルを次々に発表しています。

一般的な横置き4気筒の新型Kシリーズが登場した時も、『エ~今さら?』と思いましたが、どうやら時代の流れに、やや乗り遅れてビッグスクーターが登場するらしい…。

そして画像下が、BMW Motorradの正式発表は行われていないものの、欧州各誌に意図的に情報をリークしていると思われる新型スクーター『SCT800』のCGです。正面からの画像は未発表ですが、おそらくツアラーモデル風のキドニーグリル(ダクト?)が奢られたフロントフェイスかと思われます。又、搭載ユニットも未発表ですが、800㏄という排気量からマナカナ系(アプリリアMana850&ジレラGP800)ピアジオ・ユニットなのかも知れません…?

これは、日本でも、ツアラーモデルを所有するベテランライダーの2ndバイクに、ビッグスクーターから二輪復帰を果たそうとしているリターンライダーに、『BMWなら~』と国産ビッグスクーターに抵抗があった外車至上主義者に…、ピンポイントながら『絶対に欲っすぃ~!』と感じる輩も多いと思います。

という訳で、本国でのデリバリーが間近に迫ったSBKホモロゲマシン「S1000RR」(画像上参照)と並べると、“GSX-Rとスカイウェーブ650”あるいは“YZF-R1とT-MAX”みたいで、やはり『今さら~ッ』という感じもします。しかしながら、SCT800のユニット下に配置されたリアサスは、小一時間ウンチクを語れるくらいのBMWらしいメカニズムなのかも知れません!

|

« 今日のキャプテン・ア“ウクレット” | トップページ | ブタの貯金箱 »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日のキャプテン・ア“ウクレット” | トップページ | ブタの貯金箱 »