« 読書の虫 | トップページ | 味の素・THAILAND »

2009年1月 5日 (月)

初めて入った床屋のノリで…

Img_7782パッサパサのボロボロで、さすがに味がある…で済まされなくなっていたDX250のシートが張替えから戻ってきました!

以前の如何にも『革でっせぇ~』な表皮から、少しシナっとしたタックロールに換えてもらいました。ポジション的には、以前の“経年アンコ抜きシート”に比べれば、かなり乗り易くなりましたが、新しい銀歯を入れた時の様な違和感を感じます。良くなったけど、歯がゆいみたいな…。

そして、今回張替えを依頼する際に一番悩んだのは、ノーマル風にするかどうかです。当時のノーマル(画像右上参照)は、角が角ばった車体に対して少し大きめのシートとなっていた様ですが、入手時から丸みを帯びた形状のシートを見慣れてしまっていただけに悩ましい…!

という訳で、ノーマルの写真を渡さず、初めて入った床屋のノリでシート屋さんにおまかせしてみました。結局 あがってきたのは、デスロク(=DS6,DXの前身モデル)風の丸みを帯びたシルエット…。『ウ~ん…まぁエエやん』と、やはり初めて入った床屋の散髪後の様な心境で、徐々に気に入り始めています!

|

« 読書の虫 | トップページ | 味の素・THAILAND »

DX250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書の虫 | トップページ | 味の素・THAILAND »