2017年9月18日 (月)

피자헛!

0103様々な企業コラボ物をリリースし続ける韓国のブロックトイ・OXFORD社ですが、画像は先月からキャンペーンが開始されたピザハットとのコラボ物!

ピザハットにて「ブロックセット」として購入出来る様ですが、公式サイトに掲載がないので、ショップ限定的なアイテムなのかも?

大きく掲げたピザの看板が大袈裟ですが、相変わらず付属する小物が秀逸。ピザ屋はレゴでもありましたが、企業ロゴが入ると俄然 魅力的!実物に則したリアルなポスターやデカールの類が堪りません…。

という訳で、日本でも馴染み深いブランドだけに気になってしまった輩はボクだけではないはず。ちなみに数日前、02新作として「クリスピー・クリーム・ドーナツ」とのコラボ物(左画像参照)が発売されたらしい…韓国・OXFORD社ってスゲー!?

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

レインボーカップ

01_2

02_2

マッハのワンメイクレース!そう聞くだけでワクワクしてしまいますが、画像は’72年にフランスで行われていた『KAWA CUP』!

耐久レースなどで有名なフランスのカワサキインポーター・SIDEMM社のオーナーXavier Maugendreが、国内で盛り上がっていたルノー・ゴルディー二の四輪ワンメイクレース「La Coupe R8 Gordini」に触発され、’71年からカワサキの新型車を使って開催された様です。

初年度は350A7アベンジャーが使用されていた様ですが、’72年は画像の通り350SS(S2)のワンメイク。セパハンに交換されているものの、どノーマル。全車レインボーでテールアップです!?

という訳で、白煙の1コーナー!想像しただけで愉しそう!?ちなみに同レースは、マシンを400SS,KH400と進化させながら’78年まで開催されていたらしい。

| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

カミューズメント・パーク

0102クルマに乗ったままジェットコースターに乗…らなくても、峠を攻めこんだら、ジェットコースター以上にスリルを味わえると思います。

それ故に画像の様な発想は一切浮かびませんでしたが、先日 ドイツのローラーコースター・レストラン社(左画像参照,回転寿司的な遊園地レストランを運営)がクルマに乗ったまま楽しめるテーマパークの特許を出願したとの事。

画像のジェットコースターをはじめ、観覧車にメリーゴーラウンドなど、定番アトラクションが想定されているらしく、原理的には以前紹介したVWバスの生産ライン(過去分参照)や立体駐車場のイカツイVer.な訳ですが、実現したら凄い!

車内はどうなる?安全性は?など野暮な疑問がフツフツと湧いてきますが、普段乗っているクルマで楽しむ非日常!何か面白そうです。

という訳で、街をクルマだらけにしてしまったT社は責任をもって、T田市にこういう遊園地を作って欲しいモノです!

| | コメント (0)

2017年9月15日 (金)

Polaroid OneStep 2

0103デジカメが普及し、自撮り棒?インスタ?写真を撮ることが、日常化してきた。一昔前は、フィルムや写ルンですを買ってきて、撮り終ったら写真屋さんへ現像に持っていく…結構お金が掛ったモンです。さらにポラロイドやチェキなどのインスタントカメラとなると、現像代は掛らないにしても専用フィルムが高い!

そんな野暮な事を忘れた頃にポラロイドが復活!画像のアイテムがそれなのですが、往年の名機・One Step(左画像参照)を彷彿させるボディで登場。

専用フィルムを充填、撮影、写真がジワリと浮き出てくる…という往年のメカニズムはそのままの様ですが、旧型でフィルムカートリッジ内の電池から供給されていた電源が、本体側に移動し、USB充電が可能なバッテリー式となった模様。それ故、昔のポラロイドに新型のフィルムは使えない…のですが、この新型を手掛けるIMPOSSIBLE社では旧型用フィルムもラインナップ!素晴らしい!!

02という訳で、デジカメで無駄に写真をパシャ×2と撮りまくっている現代っ子へ写真一枚の重みを教えるに最適なアイテムではないでしょうか?

| | コメント (0)

2017年9月14日 (木)

9・18 謎肉祭

0102昨年、カップヌードル45周年を記念し、発売されるも、即完売。ネット上でプレミア価格で売られる事態となった人気商品『謎肉祭』が復活!

前回と同様、「カップヌードル ビッグ」の10倍もの“謎肉”が入っている様ですが、今回は従来の“謎肉”に加え、鶏肉ベースの“白い謎肉”が入っている模様。

食べても食べても下から出て来る“謎肉”が強烈でしたが、味が単調だっただけに、ちょっぴり進化…。とは言え、いつもの“謎肉”が無駄に入りまくってる事に“祭”の意義がある様な気もします。

という訳で、昨年の感じでいけば、発売日(9月18日)ならコンビニで買えると思うので、昨年 食べそびれた輩は是非!!個人的には“謎エビ祭”希望です!?

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

右サイド押し

01
画像は’79年・WGP250㏄クラス最終戦フランスGP。今では見掛けなくなった押し掛けスタートの様子…。やっぱり気になるのは右サイドから押すライダー!?実は父がオートバイを取り回す時(ハシゴで積車する時も!)必ず右サイドでした。最後は跨いで降りてサイドスタンド…。見ていて危なっかしいし、煩わしい。「わし、ぎっちょやから」と言う本人の弁もあるが、父が左手で箸や鉛筆を持っているのを見た事が無い。左利きだから右サイド押し?そういう事なのか?

| | コメント (0)

2017年9月12日 (火)

Angry Driver!?

0102コンパクト・エフェクター発売40周年を迎え、黎明期の名機を復刻するなど、話題性の高いBOSSですが、新作は米・JHS Pedalsとのコラボモデル!?

『Angry Driver』の名が示す通り、両社の共同開発によって代表機「BOSS BD-2 Blues Driver」と「JHS Pedals Angry Charlie」が合体!

両機を直列接続させた様な音作りが可能…というのは安易に想像できますが、単独回路接続(合体の意味無し…)や並列接続も可能というのが、無駄に凄い。

という訳で、足元に色とりどりのコンパクトペダルを一杯置きたいという輩(ボクはそれ)にとっては、残念なアイテムなのですが、 LEDインジケーターがBOSSモードの時は青、JHSモードの時は赤、同時使用だと紫に点灯するなど、気の利いたギミックには惹かれます。

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

GT380のプラモ!?

0104憧れの絶版旧車。実車は無理でもプラモデルなら…って、思ったりしますが、なぜか4スト旧車が多い!

先日、タミヤからRZ250/350が再販されましたが、マッハ系に至っては古くはレベル社やナガノ(エレールのコピー)、最近だとグンゼから発売されていましたが、いずれも絶版…。さらにスズキGTシリーズについては…古のLS(1/20)やサニー(1/24,左画像参照)のチープな「GT750」くらいしか浮かびません(情弱スマソ)。

そんな感じで、画像は12月にハセガワから発売予定の1/12スケールプラモデル「GT380B(’72年式)」。“サンパチ”のプラモって、ありそうでなかったと思います!ディティールが何となくドン臭かった「湘南爆走族 シリーズ」のトレーディングフィギュアのサンパチ(左画像参照)で仕方無しに納得していた諸兄には待望のプラモ化ではないでしょうか?

03という訳で、お子様がプラモをクリスマスプレゼントに欲しがっている様であれば、サンタクロースにこの「GT380」(12/22発売予定)を勝手にオーダーしておきましょう!?


| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

アイスブルー!

0102BMWジャパンが9月8日「ク(9)ーパ(8)ー」を記念した日本限定車『MINI・アイス・ブルー』を発売しました。

往年のミニクーパーで人気の高かったカラーリングの復刻な訳ですが、2代目後期型(’10年~’14年)に標準設定されていたカラーリングの為、久々の~感は薄目…。とは言え、現行モデル(’14年~)ではラインナップされてこなかっただけに待望の復刻!?

値打ちをこかないで標準設定すればいいのに…と思うファンも多いはずですが、2代目の事は忘れて、あくまで“特別”な“復刻カラー”としたいのが、BMWジャパン陣営の考えなのかも?

という訳で、日本400台限定という事なので、アイスブルーの新車が欲しい…という新車至上主義な輩は要チェック。

| | コメント (0)

2017年9月 9日 (土)

無念…ファイナルカラー

0102今年の5月、サイクリング中の自動車事故によって悲運の死を遂げたニッキー・ヘイデン選手のレプリカヘルメット「RX-7X HAYDEN SB」が新発売。

星条旗をモチーフとしたお馴染みのヘルメットですが、今シーズンのSBKで使用していたデザインとなっています。他のレプリカと同様、側頭部のレッドブルマークが無いため、やや違和感を感じますが、後頭部の“MADE IN USA”ロゴが誇らし気です。

ヘイデン選手のレプリカと言えば、過去に“イージーライダー”仕様を紹介(過去分参照)しましたが、基本的には愛国心強め…。8月15日にそういう場所にさえ行かなければ、普段使いに問題はありませんが、“ド日本人”が被るにはやや抵抗があるかも?

という訳で、ファイナルカラーとなってしまったのが残念で仕方ありませんが、ヘイデン選手のファンの方は是が非でも押さえておきたいマストアイテムだと思います。


| | コメント (0)

«Q*bert Mini Arcade Game